2014.12.04

【お知らせ】「街にあるものを使いこなす」学びのプロジェクト

==============================================
公開研究会「ミライバ」
第7回:「街にあるものを使いこなす」学びのプロジェクト
― アーティスト・街・子どもの繋ぎ方 ―
==============================================

みなさんは「街で学んだ」経験はありますか?
初めて1人でおつかいに行くとき。
町内会の行事に参加したとき。
学校の授業で街探検をしたとき。
職業体験をしたとき...どんな経験が思い浮かぶでしょうか。
現在は、子どもたちが自ら街を営むプロジェクトが全国で広がりを見せています。
こうした街を舞台に子どもたちが学び関わるためには、どんな仕掛けが必要なのでしょうか。

第7回目となる今回は、松田朋春さん(グッドアイデア株式会社)にお越しいただき、
松田さんがこれまで仕掛けてきた、街を活用したプロジェクト作りの事例を中心にお話をうかがいます。
松田さんのプロジェクトには、これまで多くのアーティストの方が関わっていますが、
他地域で展開されているプロジェクトとどう違うのでしょうか。
後半には、フロアから質疑応答を受け、街の資源を活用した学びの場作りの展望についてディスカッションを行います。
みなさまのお申し込みをお待ちしております。

- - - - - - - - -

■日時:2014年12月16日(火)17:00-19:00
■場所:東京大学大学院情報学環・福武ホール
    地下2階ラーニングスタジオ1
    (http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/
■定員:20名
 ※応募者多数の場合は抽選。
  抽選の結果はお申し込みいただいた皆様にメールでお知らせいたします。
■参加費:無料
■お申込み方法
 参加申込フォーム( http://bit.ly/miraiba_7 )よりお申し込みください。
■お申込み締切
 2014年12月9日(火)
■お問い合わせ先
 公開研究会「ミライバ」運営事務局(NPO法人Collable)
 Mail:info★collable.org (★を@に変えてお送りください)

- - - - - - - - -
■公開研究会ミライバとは?
今まで独立して存在していた「家」「学校」「コミュニティ」の敷居が低くなりつつある現代社会の中で、大きく意味が変わりつつある「場」の未来について考えていく公開研究会です。東京大学 情報学環・福武ホールとミサワホーム総合研究所が開催しています。

2014.11.26

【お知らせ】反転授業公開研究会 セミナーレポート

9月24日に開催されたFLIT共催 山梨大学大学教育センター 反転授業公開研究会について、セミナーレポートを公開しました。

http://flit.iii.u-tokyo.ac.jp/seminar/20140924.html

山内 祐平

2014.11.11

【お知らせ】MOOC賞受賞

第11回 日本e-Learning大賞にて、「日本初のMOOCサービスとなるJMOOC公認プラットフォーム「gacco」の開設と運用」としてJMOOC, gacco, FLIT連名で「MOOC賞」に選出していただきました。お世話になりました方々に御礼申し上げるとともに、今後もMOOCを基盤とした新しい学習環境の研究を行っていく所存でおります。

http://www.elearningawards.jp/e-learning.html

山内 祐平

2014.11.04

【お知らせ】教授着任

11月1日付で、教授職を拝命いたしました。
准教授の期間、お世話になりましたみなさまに厚く御礼申し上げます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

山内 祐平

2014.10.28

【来週開講】Visualizing Postwar Tokyo

東京大学としてMOOCプラットフォームedX初のコースとなる「Visualizing Postwar Tokyo」(担当:吉見俊哉教授)が11月4日火曜日に開講されます。どなたでも無料で受講できますので、ぜひご登録ください。オリンピックが近づいてくる今だからこそ振り返りたい東京の戦後史を、NHKの映像をはじめ、様々なビジュアル素材から学ぶことができるコースです。ご登録は以下のURLからどうぞ。

https://www.edx.org/course/utokyox/utokyox-utokyo001x-visualizing-postwar-1545

山内 祐平

2014.10.24

【お知らせ】特任准教授・講師公募

山内が運営委員をつとめているKALSを管理する東京大学教養学部附属教養教育高度化機構でアクティブラーニング部門特任准教授もしくは特任講師を募集しています。アクティブラーニングに関する研究教育業務にご関心をお持ちの方は、下記のリンクをご覧ください。

http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/news/employment/20141024111357.html

2014.10.14

【お知らせ】図書館総合展に登壇します

パシフィコ横浜で開催される図書館総合展でフォーラム「オープンエデュケーションと図書館 オンライン時代における対面学習の価値」に登壇し、MOOCと図書館の関係について考えます。ぜひお越し下さい。

会場 : 第3会場
日時 : 11月7日(金)
時間 : 15:30~17:00
主催 : 株式会社NTTドコモ/企画・協力:アカデミック・リソース・ガイド株式会社

フォーラムの内容
米国を中心に始まったMOOC(Massive Open Online Courses)は、誰でもどこでも自由に学習でき、学習環境を変える可能性を秘めています。国内でもサービスが開始され、国内外で動向が注目されています。オンラインでの学習が中心となるMOOCですが、「反転学習」をはじめとした、対面での学習も重視されています。また、海外のみならず国内でも、図書館で受講環境を提供する動きもあります。図書館での導入は、デジタルデバイドや地方における教育格差の解消も期待されています。本フォーラムでは、図書館でMOOCの受講環境を提供する意義、これからのオンライン学習における対面学習の価値を議論します。

※事前申込はありません。当日先着順での受付となります。

発表者:
講師:山内祐平(東京大学大学院情報学環 准教授)
講師:下吹越かおる(指宿市立指宿図書館 館長)
講師:河瀬裕子(くまもと森都心プラザ図書館 副館長)
講師:NTTドコモ担当者

対象者:
公共図書館関係者
大学・短大・高専図書館関係者
小・中・高学校図書館関係者
その他の行政関係者

山内 祐平

2014.10.07

【お知らせ】反転授業「Visualizing Tokyo」

東大1・2年生を対象に反転授業形式の集中講義「Visualizing Tokyo」を開講します。東京の歴史と現代を可視化する映像作品を制作する授業です。10月10日(金)にオリエンテーションします。詳しくは下記のページをご覧ください。

http://flit.iii.u-tokyo.ac.jp/sp/visualizingtokyo/index.html

山内 祐平

2014.10.01

【お知らせ】e-Learning Awards 2014 フォーラム

11月12日(水)14時からe-Learning Awards 2014 フォーラムで、「反転学習の新たな展開--高等教育からMOOCへ」というタイトルで講演します。gaccoで行われた反転学習コースに関して、分析データを速報的にお話しする予定です。ぜひお越し下さい。

■講演概要
主に中等教育で発展してきた反転学習は、高等教育の現場へ広がりを見せ、生涯学習の方法としても試みが始まりつつある。
MOOCの持つオープン性と深い学習を可能にする反転学習をどう組み合わせていくのかについて、MOOCプラットフォーム「gacco」で行われた日本中世の自由と平等・反転学習コースの事例を紹介しながら考えていく。

お申し込みはこちらからどうぞ。

http://www.elearningawards.jp/program1detail.html#28

山内 祐平

2014.09.22

【お知らせ】Webサイト停止(9月28日)

東京大学情報学環福武ホールでは、計画点検のため下記の通り停電が予定されています。停電に伴い、本ウェブサイトは下記の時間帯、停止します。

2012年9月28日(日) 午前中 - 19:00頃

ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、あらかじめご了承ください。

PAGE TOP