2013.10.02

【公開研究会】MOOCと反転授業で変わる21世紀の教育

==============================
FLIT 第1回 公開研究会
MOOCと反転授業で変わる21世紀の教育
==============================

FLIT(東京大学情報学環 反転学習社会連携講座)の開設記念イベントとして、公開
セミナー「MOOCと反転授業で変わる21世紀の教育」を開催いたします。

MOOC(Massive Open Online Course)は、大学の講義をビデオ教材としてオンライン
で無料提供し、宿題の提示や採点といった教授活動や掲示板など学習者同士のコミュ
ニケーションを支援する機能が備わった大規模公開オンライン講座ウェブサイトの総
称です。2012年に米国でCourseraやedXなどのMOOCプラットフォームが開発、公開さ
れ、現在は他の大学も続々と参入し拡大しています。

従来の講義を教室外で受けられるようになった今、学習者が事前に講義ビデオを視聴
し、対面で講師による個別指導や学習者同士の議論など、人的、時間的に困難だった
より柔軟でインタラクティブな教授、学習活動が可能になります。このようなオンラ
イン+対面のセットで授業を行うアプローチを反転授業(Flipped Classroom)と呼
び、近年、教育関係者の注目を集めています。

第1回目となるFLITセミナーでは、サンノゼ州立大学(San Jose State
University)のMohammad Qayoumi 学長を迎え、サンノゼ州立大学での反転授業の実
践について講演していただきます。同大学はMOOCと組み合わせた反転授業を積極的に
取り入れ、工学部のある講座で中間試験の成績が向上したケースが複数のメディアで
紹介されました。講演後は、日本での実践も含めた反転授業の今後と課題について議
論する予定です。

みなさまのご参加をお待ちしております。

-------------【2013年度 第1回 FLITセミナー概要】-------------

■日時:2013年10月23日(水) 午後5時00分~午後7時00分
■場所:東京大学 本郷キャンパス 情報学環・福武ホール(赤門横)地下2階
    福武ラーニングシアター
    http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/
■お申込み締切日:2013年10月22日(火)
■定員:100名(定員に達し次第、受付を終了させていただきます)
■参加費:無料
■参加方法:参加希望の方は以下の申し込みフォームからご登録をお願いいたしま
す。
https://docs.google.com/forms/d/1s1eyn9_KE465R0ODCYAgCOkDKK8j-9riWf1wyVM4j7g/viewform

■内容:
1. 趣旨説明
 『日本におけるMOOCと反転授業』
  山内祐平(東京大学大学院情報学環 准教授 (FLIT併任))
2. 講演
 『サンノゼ州立大学におけるMOOCと反転授業の実践』
  Mohammad Qayoumi (サンノゼ州立大学 学長)
3. 参加者によるグループディスカッション
4. パネルディスカッション
 『MOOCと連携した反転授業の今後と課題』
  司会:山内祐平
  パネラー:Mohammad Qayoumi
       吉見俊哉(東京大学 副学長/大学総合教育研究センター長)
5. 総括 吉見俊哉

■主催:東京大学大学院情報学環 反転学習社会連携講座
■共催:日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)
■お問い合わせ:反転授業社会連携講座(FLIT) 事務局(大浦)
        Mail: flit.application[atmark]gmail.com

2013.09.17

【お知らせ】Webサイト停止(9月22日)

東京大学情報学環福武ホールで予定されている計画点検のため、本ウェブサイトは下記の時間帯、停止します。

2013年9月22日(日) 終日

ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、あらかじめご了承ください。

2013.09.11

【記事公開】先進事例で知る情報化で変わる学び

日経教育とICTオンラインに連載中のシリーズ・先進事例で知る情報化で変わる学び、第7回の記事が公開されました。


学問って面白い!――10万人が同時視聴する「ニコニコ学会β」
ニコニコ学会β実行委員長/産業技術総合研究所主任研究員/メディアアーティスト 江渡浩一郎氏

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20130903/1103503/?rt=nocnt

ぜひご覧ください。

山内 祐平

2013.09.04

【お知らせ】毎日新聞掲載

科学研究費をいただいて研究開発している「あなたのまちと首都直下地震」を毎日新聞で紹介していただきました。

人模様:住所入力、地震危険一目で−−山内祐平さん
毎日新聞 2013年08月31日 東京夕刊

http://mainichi.jp/select/news/20130831dde041070056000c.html

山内 祐平

2013.08.28

【お知らせ】FIT2013登壇

9月6日に鳥取大学で開催される第12回情報技術フォーラム・FIT2013のイベント企画「学びを科学する:MOOCsでCloudなBig DataをLearning Analytics!」にパネリストとして登壇します。東大Courseraと反転学習の話をする予定です。

http://www.ipsj.or.jp/event/fit/fit2013/program/data/html/event/event_2-6.html

山内 祐平

2013.08.21

【お知らせ】東大Coursera開講

9月3日(火)に東京大学初のMOOCコースである村山先生の「From Big Bang to Dark Energy」が開講します。すでに世界中から3万人を超える予約をいただいており、チーム一同最後の準備に奔走しております。
みなさまもぜひこちらからSignupしてください!

山内 祐平

2013.08.14

【参加者募集】防災ラジオドラマから防災教育を考える

==========================
防災教育公開研究会
イベント参加者募集
==========================

この研究会では、防災教育の開発に関する様々な知見を集め、
意見を交流することを目的としています。
今回は、防災ラジオドラマコンテストの運営をされている長坂俊成先生(立教大学 教授)と
坪川博彰 先生(防災科学技術研究所 客員研究員)をゲストにお呼びします。
防災ラジオドラマとは各地域で起こりうる災害時の問題とその改善につながるストーリーを
ラジオドラマに仕立てもので、コンテストでは全国各地から数多くの作品がよせられています。

公開研究会では、実際のラジオドラマを試聴しつつ、ラジオドラマを作成させることの狙いや
市民を巻き込み市民に発信していく運営方法についてお聞きします。
後半にはフロアから質疑応答を受け、防災教育の開発に向けたディスカッションを行います。
「防災教育においてシナリオを利用するとどのような効果があるのか」
「広く市民を巻き込んだり、市民に発信していく防災教育プロジェクトは
どのように運用すればよいのか」など、防災教育のプロジェクト開発に関わっている方や
シナリオ型教材に興味のある方はぜひお申し込み下さい。
なお、本研究会は、科学研究費助成事業基盤研究(A)24240103
「学習者の状況および知識構造に対応したシナリオ型防災教育教材の開発」の一環として
実施しています。

■日時:2013年9月4日(水)18:00~20:00
■場所:東京大学大学院情報学環・福武ホール地下2F
    福武ラーニングスタジオ1
    (http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/
■対象:防災教育や防災教育のプロジェクト運営に興味がある方
■定員:20名(先着順)
■参加費:無料
■お申し込み方法
以下のフォームから必要事項をお書きの上、お申し込み下さい。
http://bit.ly/11w7FaU

ご興味をもたれた皆さま、お申し込みお待ちしております!

山内 祐平

2013.08.05

【参加者募集】公開研究会「ミライバ」第2回

==============================================
公開研究会「ミライバ」
第2回:地域の子どもたちが集まるコミュニティ
―二子玉川「いいおかさんちであ・そ・ぼ」プロジェクト―
==============================================

東京大学 情報学環・福武ホールとミサワホーム総合研究所は、
社会の変化により大きく意味が変わりつつ住まいなど人が集う場所の未来について考える
公開研究会「ミライバ」を開催することになりました。

---

子どもたちの地域の居場所がなくなり、地域の子育て世代のつながりが薄まる中、
世田谷区二子玉川の飯岡(いいおか)さんの空き家を、
地域のいろんな世代が集う場所として活用するプロジェクトがはじまりました。
元保育園の園長で子育てのプロである飯岡さんの家、「飯岡さんち」には、
こどもの服やおもちゃを交換したり、悩みごとを持ち寄ったりと、子どもから大人までやってきます。
▶参考:「いいおかさんちであ・そ・ぼ」http://www.yurutsuna.jp/real_report/pg403.html

第2回目となる今回は、「いいおかさんちであ・そ・ぼ」を企画している
磯村歩さん(株式会社グラディエ代表取締役)にお越しいただき、
「いいおかさんちであ・そ・ぼ」の立ち上がった背景や、
二子玉川を中心とした、子どもをとりまく地域コミュニティづくりの現状についてお聞きします。
後半には、フロアから質疑応答を受け、
子どもたちが立ち寄る地域コミュニティの現状や展望についてディスカッションを行います。
みなさまのお申し込みをお待ちしております。

- - - - - - - - -

■日時:2013年9月2日(月)17:00-19:00
■場所:東京大学 本郷キャンパス
    工学部2号館9階 92B教室
   ( http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html
■定員:40名
 ※応募者多数の場合は抽選。
  抽選の結果はお申し込みいただいた皆様にメールでお知らせいたします。
■参加費:無料
■お申込み方法
 参加申込フォーム( http://bit.ly/miraiba_2 )よりお申し込みください。
■お申込み締切
 2013年8月27日(火)
■お問い合わせ先
 公開研究会「ミライバ」運営事務局(野口)
 Mail:m.noguchi@iii.u-tokyo.ac.jp

2013.07.31

【記事公開】先進事例で知る情報化で変わる学び

日経教育とICTオンラインに連載中のシリーズ・先進事例で知る情報化で変わる学び、第6回の記事が公開されました。

スマホを持つ母の2人に1人が使う、大ヒット知育アプリ:スマートエデュケーション 代表取締役 池谷大吾氏
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20130730/1099624/

ぜひご覧ください。

山内 祐平

2013.07.24

【お知らせ】インタビュー記事「教育×ITの未来」

Smart Educationのウェブサイトに山内のインタビュー記事が掲載されました。教育とITの関わりや幼児のタブレット利用について話したものです。よろしければご一読ください。

「教育×ITの未来」

http://smarteducation.jp/interview_yamauchi.html

山内祐平

PAGE TOP