2011.07.26

【イベント】楽しさと学びを融合するシナリオデザイン

2011年度第2回 BEAT公開研究会
「楽しさと学びを融合するシナリオデザイン」 9月3日(土)開催!

BEAT(東京大学情報学環ベネッセ先端教育技術学講座)では、
2011年度第2回 BEAT Seminar 「楽しさと学びを融合するシナリオデザイン」を
9月3日(土曜日)に開催致します。

学習環境のデザインにおいて、学習者の意欲を高め、学習活動に引き込む手法は
これまでにもさまざまな形で提案されています。
ユーザーを活動に引き込むという観点からは、デジタルゲーム開発で取り組まれている、
楽しさを生み出す世界観やコンテンツデザインの手法は独自の発展を続けています。
今回のBEATセミナーでは、コーエーテクモゲームスで歴史ゲームをプロデュース
されている竹田智一さんと、eラーニング教材開発の専門家、熊本大学の鈴木克明さんに
お越しいただき、ユーザーの活動を促進する環境デザインについて議論します。
みなさまのご参加をお待ちしております。

日時:2011年9月3日(土) 14:00~17:00

場所:東京大学 本郷キャンパス 情報学環・福武ホール(赤門横)
福武ラーニングシアター(B2F)
アクセスマップ>>http://www.beatiii.jp/seminar/seminar-map45.pdf

内容:
14:05-14:45
1.講演1「歴史ゲームのシナリオ開発の実際」
竹田智一 (コーエーテクモゲームス)

14:50-15:30
2.講演2「シナリオを重視した学習コンテンツデザイン」
鈴木克明 (熊本大学)

15:40-16:00
3.参加者によるグループディスカッション
16:00-17:00

4.パネルディスカッション「楽しさと学びを融合するシナリオデザイン」
司会:高橋薫 (東京大学)
パネリスト:
竹田智一 (コーエーテクモゲームス)
鈴木克明 (熊本大学)
藤本徹 (東京大学)

定員:180名
参加費:無料(懇親会:セミナー終了後
1F UTCafeにて 参加希望者(¥3,000))

※参加申し込みはこちらからお願いします。

2011.07.19

【記事掲載】ツイッターで社会に意見を求め進路観を深めるという試み

高校生と大学生・社会人をソーシャルメディアでつなぎ進路について考えるSoclaプロジェクトについてBetween誌に掲載された記事がPDFでご覧いただけるようになりました。

http://shinken-ad.co.jp/betwee​n/backnumber/pdf/2011_06_tokus​hu06.pdf

PAGE TOP