2011.02.28

【お知らせ】ソーシャルメディアによって変わる学びのかたち

┏━━━━┯━━━━━━┓
┃お知らせ│BEAT Seminar┠─────────────────────
┗━━━━┷━━━━━━┛2010年度第4回 BEAT公開研究会
「ソーシャルメディアによって変わる学びのかたち」 3月26日(土)開催!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 BEAT(東京大学情報学環ベネッセ先端教育技術学講座)では、2010年度第4
回 BEAT Seminar「ソーシャルメディアによって変わる学びのかたち」を
3月26日(土曜日)に開催致します。

 TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアは、人と人のつながりを変
えるインフラストラクチャになりつつあります。学習が本質的に社会的なもの
であることを考えれば、人のつながりを変える力のあるメディアは、学びの形
を変える力も持っているはずです。

 この公開研究会では、BEATで本年度展開したソーシャルメディアによって
高校生と大学生・社会人をつなぐ「Socla」プロジェクトを中心に、ソーシャ
ルメディアによって変わる学びのかたちについて議論を深めたいと考えていま
す。
 みなさまのご参加をお待ちしております。


■主催:東京大学 大学院 情報学環 ベネッセ先端教育技術学講座

■日時:2010年 3月26日(土)午後1時より午後5時まで

■場所:東京大学 本郷キャンパス 情報学環・福武ホール(赤門横)
福武ラーニングシアター(B2F)
アクセスマップ>>http://www.beatiii.jp/seminar/seminar-map45.pdf

■内容:

1. 講演 13:00-13:40
「ソーシャルメディアが変える社会」
津田 大介(ジャーナリスト)

▼ 休憩

2.報告1 14:00-14:40
「Twitterを利用して高校生と大学生・社会人が進路と学ぶ意味について
考える"Soclaプロジェクト"」
山内 祐平(東京大学 准教授)

3.報告2 14:40-15:20
「グループで小論文を相互添削するシステム"Re:"(アール・イー)」
椿本 弥生(東京大学 特任助教)
高橋 薫 (東京大学 特任助教)

▼ 休憩

4.参加者によるグループディスカッション 15:35-16:00

5.パネルディスカッション 16:00-17:00
「ソーシャルメディアによって変わる学びのかたち」
司  会:北村 智 (東京大学 特任助教)
パネラー:今村 久美(NPOカタリバ 代表理事)
椿本 弥生(東京大学 特任助教)
高橋 薫 (東京大学 特任助教)
山内 祐平(東京大学 准教授)

■定員:180名(お早めにお申し込みください)
申込ページ:http://www.beatiii.jp/seminar/index.html

■参加費:無料

■懇親会
セミナー終了後1F UTCafeにて
参加希望者(¥3,000)

2011.02.14

【お知らせ】iPhoneで学ぶ実践ビジネス英語モニター募集

NHK出版「iPhoneで学ぶ実践ビジネス英語」の調査研究モニター募集が始まりました。山内研究室はこの学習アプリ開発の企画と評価で協力しています。
4月から6月まで無料で学習アプリをお試しいただけます。ご関心のある方の応募をお待ちしております。詳しい情報は以下のURLをご覧下さい。

http://bizmon.nhk-book.co.jp/nhk/

山内 祐平

2011.02.02

【お知らせ】アーカイブスの学術利用がひらく地平

3月14日(月)にNHK放送文化研究所が開催するシンポジウム「アーカイブスの学術利用がひらく地平」にパネラーとして登壇します。

「NHK放送文化研究所とNHKライツ・アーカイブスセンターの共催で実施。NHKアーカイブスの学術利用への開放が始まって1年、アーカイブス研究は次第にバリエーションを増やしつつあります。第1部ではその「トライアル研究」に参加している研究者たちが、さまざまな研究の成果とその可能性の報告をします。また、海外のアーキビストの現状調査の報告も行います。第2部ではNHKアーカイブス利用の広がりと進化が、メディア変容のなかにおいてどう位置付けられ、それが何を生み出して社会的にどう意義を持ちえるのか、その存在価値と可能性を問い直すために、現状と今後の展望についてメディア研究者や教育現場に詳しい研究者、公的機関のアーキビストや制作関係者らが討論を行います。」

詳しい情報、申し込みは以下のアドレスからどうぞ。

http://www.nhk.or.jp/bunken/symposium2011/pro_0314.html

[山内 祐平]


PAGE TOP