2009.01.27

【イベント】教育工学25年の歴史から考えるデジタル教材の未来

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お知らせ : 2008年度第4回BEAT Seminar
「教育工学25年の歴史から考えるデジタル教材の未来」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
BEAT(東京大学情報学環 ベネッセ先端教育技術学講座)では2008年度第4回
BEAT Seminar「教育工学25年の歴史から考えるデジタル教材の未来」を
3月28日(土曜日)に開催致します。

1980年代から現在まで、電子機器の普及と情報技術の発展の波は、私たちの生
活や学習環境を大きく変えてきました。紙やテレビ、コンピューター、モバイ
ル、ゲーム機、それらをつなぐネットワーク技術により、学習環境は教室から
自宅や通勤・通学時という学校外の環境まで広がり、今や私たちはいつでもど
こでも好きなだけ学習することができます。しかし、情報技術が発展するスピ
ードに合わせて学習環境がそのまま進歩したかというとそうではありません。
情報技術・機器を教育にどのように応用するか、教育関係の研究者や現場教員
が成功と失敗を繰り返し、今の進歩があります。

このような学習環境の進歩に貢献してきた学会の1つであります日本教育工学
会が創立されて今年で25年になります。今回のBEAT Seminarでは東京工業大学
教育工学開発センター 教授で日本教育工学会 会長の赤堀侃司先生をお招きし、
デジタル教材の変遷と、特に近年、世界的に注目されているモバイルの教育利
用についてお話頂きます。

みなさまのご参加をお待ちしております。

―――――――――【2008年度 第4回 公開研究会 概要】――――――――
■主催
東京大学 大学院 情報学環 ベネッセ先端教育技術学講座

■日時
2009年 3月28日(土)午後1時より午後5時まで

■場所
東京大学 本郷キャンパス 情報学環・福武ホール(赤門横)
福武ラーニングシアター(B2F)
http://www.beatiii.jp/seminar/seminar-map37.pdf

■定員
180名(お早めにお申し込みください)

■参加方法
参加希望の方は、BEAT Webサイト
http://www.beatiii.jp/seminar/
にて、ご登録をお願いいたします。

■参加費
無料

■内容
1. 趣旨説明 13:00-13:10
山内 祐平 (東京大学 准教授)

2. BEAT 2008年度成果報告 13:10-14:10

▼休憩

3. 基調講演 14:25-15:05

「メディアの変遷から見るモバイル学習(仮題)」
赤堀侃司 (東京工業大学 教育工学開発センター 教授)

4.パネルディスカッション 第1部 15:05-15:45
「教育工学25年の歴史から考えるデジタル教材の未来」
司会:
山内祐平(東京大学 准教授)
パネラー:
赤堀侃司(東京工業大学 教育工学開発センター 教授)
新井健一(株式会社ベネッセコーポレーション 執行役員)
向後千春(早稲田大学 人間科学部 准教授)

5.参加者によるグループディスカッション 15:45-16:05

▼休憩

6.パネルディスカッション 第2部 16:15-17:00

*終了後、懇親会(有料)

後援:日本教育工学会

2009.01.06

【イベント】美術と身体 ~毎晩布団を敷くときに怒られた~

1月19日にEduce Cafe「美術と身体〜毎晩、布団を敷くときに怒られた〜」を開催します。
今回のEduce Cafeではゲストに榎本寿紀さん(美術家/ワークショップ・エデュケーター)をおむかえし、感覚・身体をフル稼働させながら学べるダイナミックな美術プログラムの事例や、実際にワークショップをどうやって企画するかについてお話を伺います。
また、沢山の「素材」「道具」をお持ちいただける予定ですので、即興で体験型の活動も交えて楽しい時間にできたらと思っております。

■ 開催日時
2009年1月19日(月)18時〜21時

■ 開催場所
東京大学 情報学環・福武ホール
B2階 福武ラーニングスタジオ2-3

■ゲスト:榎本寿紀(美術家)
1963年東京生まれ。武蔵野美術大学大学院修了。
武蔵野美術大学非常勤講師,大妻女子短期大学非常勤講師,
目黒区美術館/ワークショップ・エデュケーター

○専門分野
天然の事象、日常の中で出会った植物、鉱物の収集を通してイマジネーションを得、同時にこれらを植物染料や天然顔料として用いた作品制作・創作活動のかたわら、目黒区美術館ワークショップ・エデュケーターとして、子供から大人までの美術プログラムに関わる。また、小学校や高校、児童館、他美術館では、作家としての創作活動をワークショップとして展開している。

○過去のワークショップ実践
1989年 目黒区美術館 手と目の冒険広場 /木−型と板 空飛ぶ空中水族館
1991年 目黒区美術館 手と目の冒険広場 /銅・版・画 版物語
1991-現在 目黒区美術館/ワークショップ・エデュケーター
1993年 平塚市美術館 シャガール探検隊がゆく
1995年 三鷹芸術文化センター ファイバーラビリンズ
2003年 横須賀市美術館開設準備室 水と遊ぼう
2006年 群馬県立館林美術館 植物アレンジメント--変容する植物たち
     板橋区立美術館 こんな夢を見た--ぜったいありえない世界のお話
2007年 (株) 東芝/デザイナー研修 三鷹天命反転住宅
     九州大学 現代美術の表現ー素材からⅠ 自然から天然絵の具を作る 
     目黒区立向原小学校
2008年 目黒区図工部会研修会 三鷹天命反転住宅

===========
Educe Cafeではお飲み物などをお出しいたします。
その場にいる人みんなが顔見知りになってお帰りいただけるよ
うな、アットホームな会にしたいと考えております。

学生の方から大学・企業にお勤めのかたまで、
ぜひEduce Cafeにおいでください!

■定員:15名
(先着順とさせていただきます。ご了承ください。)

■参加費:一般・学生とも2000円

■ 参加方法:
下記フォームに必要事項をお書き込みいただき、
cafe@educetech.org
までメールにてご連絡ください。

〆ココカラ=======================================
参加申し込みフォーム
cafe@educetech.orgまで
1月10日までにお申し込み下さい
人数が多数の場合は先着順とさせていただきます。

Educe Cafe (1/19) に申し込みます。

氏名:

フリガナ:

所属:

メールアドレス:

この情報をお知りになったきっかけ:

ご興味をもたれた理由などありましたらお願いします
(                       )

=====主催団体およびEduce Cafeについて========
特定非営利活動法人Educe Technologiesは、新しい時代にふさわしい「学びあう社会」を作り上げるために、研究会やシンポジウムなどを開催しています。
http://www.educetech.org/

このNPOの活動として2007年に始まったのが「Educe Cafe(エデュース・カフェ)」です。詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.educetech.org/e_cafe.html
===============================

PAGE TOP