2008.02.18

【イベント】未来の教育のために学校と家庭ができること- フィンランドと日本の対話

本年度最後のBEAT Seminarは、情報学環・福武ホール竣工記念イベントとして、ヘルシンキ大学のSeppo Tella教授をお招きして、フィンランドの質の高い教育を支える学校と家庭のあり方についてお聞きします。その上で、国の大きさや文化の異なる日本において、何をしていけばよいのかについてパネルディスカッションを行います。満席になることが予想されますので、ぜひお早めにお申し込みください。

======================================================================
【ご案内】公開研究会「BEAT Seminar」2007年度第4回:Special Seminar
     「未来の教育のために学校と家庭ができること
            - フィンランドと日本の対話」 〜3/29(土)開催!


         ☆★☆ 登録お早めにどうぞ! ☆★☆
                   http://www.beatiii.jp/seminar/
======================================================================

BEAT(東京大学情報学環 ベネッセ先端教育技術学講座)では、
情報学環・福武ホールの竣工を記念して、BEAT Special Seminar
「未来の教育のために学校と家庭ができること - フィンランドと日本の対話」
を開催いたします。

このスペシャルイベントでは、ヘルシンキ大学のSeppo TELLA教授をお招きし、
質の高い教育で定評のあるフィンランドの学校教育の特徴・家庭学習のあり方・
未来の教育像についてお話しいただきます。

みなさまのご参加をお待ちしております。


◆登壇者ご紹介◆
 Seppo TELLA, Ph.D
 ヘルシンキ大学 教授

 教育におけるICT利用に関する専門家として活躍中。LIVE, FLE, TriOなどの
 国家プロジェクトやOLE, SCOPEなどの国際的なプロジェクトに関わっている。
 欧州委員会(EC)情報社会技術プロジェクトの外部評価委員でもある。
 教授・学習プロセス、知識構築、教師教育、メディア教育、外国語教育など
 に関する論文、書籍を多数執筆している。近年では国際性、多様性を
 キーワードにインフォーマル教育に関する研究も行っている。

—————————【2007年度 第4回 公開研究会 概要】————————
■主催
 東京大学 大学院 情報学環 ベネッセ先端教育技術学講座

■日時
 2008年 3月29日(土)午後1時より午後5時まで

■場所
 東京大学 本郷キャンパス 情報学環・福武ホール(赤門横)
 福武ラーニングシアター(B2F)
 http://www.beatiii.jp/seminar/seminar-map33.pdf

■定員
 180名(お早めにお申し込みください)

■参加方法
 参加希望の方は、BEAT Webサイト
 http://www.beatiii.jp/seminar/
 にて、ご登録をお願いいたします。

■参加費
 無料

■内容
 1. 趣旨説明 13:00−13:10
  山内 祐平 (東京大学 准教授)

 2. BEAT 2007年度成果報告 13:10-14:30

 ▼休憩

 3. 基調講演 14:45-15:45

  「フィンランドにおける未来の教育(仮題)」
   Seppo TELLA (ヘルシンキ大学 教授)

 ▼休憩

 4. パネルディスカッション 16:00-17:00
  「質の高い教育を実現するために学校と家庭は何をすべきなのか」
   司会:
    山内 祐平(東京大学 准教授)
   パネラー:
    Seppo TELLA (ヘルシンキ大学 教授)
    堀田龍也(メディア教育開発センター准教授・文部科学省併任)
    沓澤 糸(Benesse 教育研究開発センター 主任研究員)
    飯吉 透(カーネギー財団知識メディア研究所所長・BEAT客員教授)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2008.02.12

【イベント】ICTを活用したアクティブラーニング

山内がデザインに関わったKALS(駒場アクティブラーニングスタジオ)に関連して、MITとスタンフォードからゲストをお呼びしたシンポジウムが開催されます。アクティブラーニングを支える空間は、各大学によって個性があります。教育目標・教材・教員との関わり方などが、空間のデザインにどう反映されているのか - MITとスタンフォードの例が同時に聞ける機会は日本初です! ぜひご参加ください。
(私も情報学環・福武ホールのデザインについてお話しさせていただきます。)

==========================================
東京大学現代GP 国際シンポジウム
「ICTを活用したアクティブラーニング」
〜未来の大学教室のデザイン〜

平成20年3月17日(月)13:00-19:00
東京大学 駒場キャンパス 18号館ホール
日英同時通訳:無料:事前Web登録制
==========================================

東京大学現代GP関連事業として下記のシンポジウムを開催し
ます。国内外からスピーカーを招き、高等教育におけるICT活
用、アクティブラーニングに関わる先進的な事例についてご紹
介いただきます。

また、本取組の成果や本学におけるICTを活用した教育につい
ても報告し、スピーカーと共に「高等教育におけるICT活用ア
クティブラーニング」についてのパネルディディスカッション
を行います。

そのほか、本学に設置したICT活用型協調学習教室「KALS:
駒場アクティブラーニングスタジオ」の見学会も実施します。

   駒場アクティブラーニングスタジオ
   http://www.kals.c.u-tokyo.ac.jp/

高等教育の教育改革、ICT活用といった分野に関心をもたれる
皆様。是非、ご参加ください。

※アクティブラーニングとは、学生が能動的に多様なメディア
からの情報をインプットし,読解・作文・討論・問題解決など
を通じて分析・統合・評価・意志決定を行い,その成果を組織
化しアウトプットとするような学習活動です。


------------------------------------------

■タイトル
 東京大学現代GP 国際シンポジウム
  「ICTを活用したアクティブラーニング」

-----

■体制
主催:東京大学 教養学部
   東京大学大学院 情報学環
   東京大学 大学総合教育研究センター
共催:東京大学 教養学部附属教養教育開発機構
後援:東京大学 教育企画室 TREEプロジェクト
   東京大学 教養学部附属教養教育開発機構
   教養教育社会連携(ベネッセ)寄付研究部門

-----

■日時:2008年3月17日(月)13:00-19:00
   (18:15からはKALS見学会)

-----

■場所:東京大学駒場キャンパス18号館ホール
    東京都目黒区駒場3-8-1
    京王井の頭線「駒場東大前」下車徒歩5分
    地図URLリンク
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html

-----

■通訳:日英同時通訳あり

-----

■申し込み方法
 ご参加を希望される方は、下記Webサイトより事前
 登録を行ってください。

・参加無料、ただし事前登録制
・下記ページからご登録ください。
 http://www.komed.c.u-tokyo.ac.jp/gendai/sympo19.html
・ご登録後、確認のメールが届きます.

-----

■プログラム

12:30-
 ・受付開始

13:00-
 ・挨拶
 ・趣旨説明
 ・東京大学大学院 総合文化研究科 教授 永田敬

13:20
 ・マサチューセッツ工科大学の事例
  TEAL(Technology Enable Active Learning)
  MIT, Department of Physics, Senior Lecturer
  Peter Dourmashkin

14:10
 ・スタンフォード大学の事例
  SCIL (Stanford Center for Innovations in Learning)
 
  Wallenberg Hall
  Stanford University,
  Stanford Center for Innovations in Learning,
  Academic Technology Specialist, Daniel Gilbert

15:00
 休憩

15:10
 ・はこだて未来大学の取組み
  はこだて未来大学
  システム情報科学部
  教授 美馬のゆり

16:00
 ・KALSでのCritical Writing Program
  東京大学教養学部附属教養教育開発機構
  特任准教授 Tom Gally

16:30
 ・福武ホールのデザイン
  東京大学大学院情報学環
  准教授 山内祐平

16:40
 ・TabletPCを活用するeJournalPlus
  MEET Video Explorer
  東京大学大学総合教育研究センター
  マイクロソフト先進教育環境寄附研究部門(MEET)
  客員准教授 望月俊男

16:50
  休憩

17:00
 ・パネルディスカッション

18:15
 ・KALS(駒場アクティブラーニングスタジオ)
  見学会を実施します。
  シンポジウムは18:00頃に終了します。
  見学会は17号館2階への移動となります。
  ご参加は任意です。

-----

■お問い合わせ先
 東京大学教養学部附属教養教育開発機構 KALS
 電話番号:03-5465-8204
 メールアドレス:gp [atmark] kals.c.u-tokyo.ac.jp
 ウェブ:http://www.komed.c.u-tokyo.ac.jp/gendai/
 担当者:西森・林
==========================================

PAGE TOP