2008.12.30

【イベント】Active Learningのための学習空間を創る

現代GP「ICTを活用した新たな教養教育の実現-アクティブラーニングの深化による国際標準の授業モデル構築-」では、2月20日(金)にシンポジウム「アクティブラーニングのための学習空間を創る」を開催いたします。
このシンポジウムでは、近年、大学の教育改革のキーワードの1つとなっているアクティブラーニングについて、その授業や学習活動を支えるための空間デザインの在り方をテーマに取り上げます。学校建築とワークプレイスデザインの分野から講演者を招き、人がよりよく活動するための空間を創ることに関して最新の事例をご紹介いただきます。
また、本学の取組についても報告し、講演者と共に、大学教育の中でアクティブラーニングを推進するために、学習環境デザインの観点から、どのような学習空間を創るべきかについてパネルディスカッションを行います。

【概要】
主催:東京大学 教養学部、大学院情報学環、大学総合教育研究センター
共催:東京大学 教養学部附属教養教育開発機構
後援:東京大学 教育企画室 教育環境リデザインプロジェクト
日時:平成21年2月20日(金)14:00-18:00
場所:東京大学 駒場Ⅰキャンパス 18号館ホール
   東京都目黒区駒場3-8-1
   京王井の頭線「駒場東大前」下車徒歩5分

【スケジュール】
13:30~14:00 受付開始
14:00~14:15 挨拶・趣旨説明
14:15~14:50 報告:東京大学における学習環境デザイン
  山内祐平(東京大学大学院情報学環 准教授)
14:50~15:40 講演:外の教室/教室の外
  工藤和美(建築家、シーラカンスK&H 代表、東洋大学 教授)
15:40~15:55 休憩
15:55~16:45 講演:触発するワークプレイス
  岸本章弘(ワークスケープ・ラボ 代表、ECIFFO 編集長)
16:45~17:00 休憩
17:00~18:00 パネルディスカッション
  パネリスト:工藤和美
  パネリスト:岸本章弘
  パネリスト:筑紫一夫(建築家、建築都市研究所 代表、東京大学外部専門委員)
  パネリスト:永田敬(東京大学大学院総合文化研究科 教授)
  コーディネーター:山内祐平

【申込方法】
・参加無料、ただし事前登録制(定員200名)
参加申し込みはこちらから

2008.11.17

【イベント】アートワークショップで子どもの可能性をひらく

今回のBEAT Seminarでは、最近ブームになっている教育動向として、アート的な
活動を中心とした子ども向けワークショップをとりあげます。
都内で休日に行われるこの種のワークショップは、有料のものでも満席になるこ
とが増えており、学校教育や家庭学習とは違った新しい学びの場に成長してきて
います。
アート的な活動をワークショップに組み込んでいるワークショップ実践者をお招
きし、その可能性と課題を探ります。

―――――――――【2008年度 第3回 BEAT Seminar概要】―――――――
■主催
東京大学 大学院 情報学環 ベネッセ先端教育技術学講座

■日時
2008年 12月6日(土)午後2時より午後5時まで

■場所
東京大学 本郷キャンパス 情報学環・福武ホール(赤門横)
福武ラーニングスタジオ(B2F)
http://www.beatiii.jp/seminar/seminar-map36.pdf

■定員
50名(お早めにお申し込みください。)

■参加方法
参加希望の方は、BEAT Webサイト
http://www.beatiii.jp/seminar/?rf=bt_m054-1
にて、ご登録をお願いいたします。

■参加費
無料

■内容
1.趣旨説明 14:00-14:15

山内祐平(東京大学大学院 情報学環 准教授)
森 玲奈(東京大学大学院 学際情報学府)

2.講演 14:15-16:00(休憩適宜含む)

●事例紹介1:~玉川小学校での実践事例ほか~
杉浦幸子氏(京都造形芸術大学)

●事例紹介2:~愛・地球博での実践事例~
紫牟田伸子氏(日本デザインセンター)

3.参加者によるグループディスカッション 16:00-16:30

4.パネルディスカッション 16:30-17:00
 『子どもを対象としたアートワークショップの可能性とは?』
司会:山内祐平(東京大学大学院 情報学環 准教授)
パネラー:
 杉浦幸子氏(京都造形芸術大学)
 紫牟田伸子氏(日本デザインセンター)
 森 玲奈(東京大学大学院 学際情報学府)

2008.10.29

【イベント】UTalk:人と動物のおつきあい

福武ホールのUT Cafeで毎月開催しているトークイベント「UTalk」。11月は、中国や日本で人と自然環境の関わりについてフィールドワークを重ねている菅豊さん(東洋文化研究所 教授)に、調査にまつわるエピソードや自然とのつきあい方の文化についてお話をうかがいます。いい季節ですので、キャンパス散歩とセットでいかがでしょうか。

日時: 11月8日(土)午後2:00~3:00
場所:UT Cafe BERTHOLLET Rouge
(東京大学 本郷キャン パス 赤門横)
料金:500円(事前申し込み制/ドリンク付き)
定員:18名
申し込み方法: (1)お名前 (2)ご所属 (3)ご連絡先(メール/電話)
(4)イベントをお知りになったきっかけ、をご記入の上、utalk2008@ylab.jp までご連絡をお願いいたします。

2008.10.20

【イベント】美術教育の根拠 - 初めて食べる(毒)キノコをそれでも食べるために -

===========================================================
【ご案内】
2008/11/5(水)

Educe Cafe:美術教育の根拠
  --初めて食べる(毒)キノコをそれでも食べるためにー
を開催致します!!

主催: NPO法人 Educe Technologies
http://www.educetech.org/
共催:東京大学大学院情報学環・学際情報学府 山内研究室
http://blog.iii.u-tokyo.ac.jp/ylab/
===========================================================

2008/11/5(水)Educe Cafeを開催致します。

今回のEduce Cafeでは、「美術教育の根拠--初めて食べる(毒)キノコをそれで
も食べるために」と題し、美術は教育の何に役立つのか(あるはたたないのか)
について確信を持つためのくじびき座談会を行います。

玉手箱=「?BOX」からつぎつぎ飛び出す「テーマ」へ切り込む命綱のない宇
宙遊泳のようなインタラクティヴ・トーク・ワークショップの形式で行います。
参加者の方も、とっておきの「テーマ」を玉手箱へ入れてください!

ゲスト:黒沢伸(くろさわ しん)
ミュージアムエデュケーター
金沢湯涌創作の森所長

1959年、東京生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科終了。
1989年より水戸芸術館現代美術センター学芸員、1999年より金沢21世紀美術館学
芸員を経て、2006年より現職。

水戸芸術館時代には「妄想砦のヤノべケンジ(1992)」や「19番目の彼女の足
(1993)」、「相談芸術大学(1995)」など、当時まだ少なかった観客参加型の
プロジェクトやアーティスト・イン・レジデンス型の実験的なイベント実施、多
くの若手作家をフューチャーするとともに、教育ボランティア組織を立ち上げ、
普及・広報その他の活動を実践。

金沢21世紀美術館では建築設計から関わり、コレクション形成の他、「スイミン
グプール」や「タレルの部屋」など、特に建物と一体化したコミッションワーク
の導入を企画・担当。また、開館前の建物のない状況下、アウトリーチ活動とし
て街中や学校等で多くのプレイベントを実施。開館と同時に、多くのボランティ
アスタッフの協力を得て、市内の小・中学生4万人全員が美術館を探検する
「ミュージアム・クルーズ・プロジェクト」に結実させる。

金沢湯涌創作の森では、子ども対象の林間学校プログラムや施設ボランティアを
創設、地域の人的・環境的資源を生かして施設全体を公園化するアミューズラン
ドプロジェクトに着手。


===========

今回のEduce Cafeではお飲み物などをお出しいたします。
その場にいる人みんなが顔見知りになってお帰りいただけるような、
アットホームな会にしたいと考えております。

学生の方から大学・企業にお勤めのかたまで、ぜひEduce Cafeにお
いでください!

■日時:2008年11月5日(水) 18:00〜21:00

■ 場所:東京大学情報学環・福武ホール
     地下2階スタジオ1

都営大江戸線 本郷三丁目駅 (徒歩7分)
東京メトロ丸ノ内線 本郷三丁目駅 (徒歩8分)
東京メトロ千代田線 湯島駅 (徒歩20分)
東京メトロ南北線 東大前駅 (徒歩10分)

下記アドレスをご参照ください
http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access.html


■定員:20名
(先着順とさせていただきます。ご了承ください。)

■参加費:一般・学生とも2000円
※ただし、今回は学生の方限定で先着5名まで会費500円になります。


■ 参加方法:
下記フォームに必要事項をお書き込みいただき、
cafe@educetech.org
までメールにてご連絡ください。

〆ココカラ=======================================
参加申し込みフォーム
cafe@educetech.orgまで
10月31日までにお申し込み下さい
人数が多数の場合は先着順とさせていただきます。

Educe Cafe (11/5) に申し込みます。

氏名:

フリガナ:

所属:

※学生の方で特別会費(500円)を希望する方はその旨明記してください。


メールアドレス:

この情報をお知りになったきっかけ:

ご興味をもたれた理由などありましたらお願いします
(                       )

〆ココマデ=======================================


■主催:NPO法人 Educe Technologies
共催:東京大学大学院情報学環・学際情報学府山内研究室

(企画担当:山内研究室博士2年 森玲奈)

==========================
Educe Technologiesは・・・
人間がその可能性を最大限に発揮できる学びの場のデザインについ
て、教育工学の立場から、大学・企業・教育現場をつないだ実践的
研究プロジェクトを展開していきます。また、新しい時代にふさわ
しい「学びあう社会」を作り上げるために、研究会やシンポジウム
などを通じて、その成果を広く社会に訴えかけていく活動も進めて
いきます。
http://www.educetech.org/
============================

2008.09.30

【イベント】ワークショップコレクション2008

▼山内が副理事長をつとめておりますNPO・CANVASが主催するこどものためのワークショップ博覧会「ワークショップコレクション2008 in 慶應義塾」が10/12-10/13に開催されます。楽しいワークショップが目白押しですので、ぜひご参加ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
こどものためのワークショップの博覧会  
ワークショップコレクション2008 in 慶應義塾
   10/12-10/13 開催!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

全国からとっておきのこども向けワークショップを集めた博覧会イベント、
「ワークショップコレクション」2008年度も実施が決定しました!
昨年に引き続き、慶應義塾大学の三田キャンパスにて、
10月12日(日)・13日(月祝)のニ日間、開催いたします。
なんと今年は過去最大規模の70ワークショップが大集合!
みなさま、ぜひぜひ遊びにいらしてください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ワークショップコレクション2008 公式サイト
 http://www.wsc.or.jp/WSC2008.html
 *ご来場前に「事前登録」をすると
  抽選でステキなプレゼントがあたります!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会場:慶應義塾大学 三田キャンパス 南校舎および第一校舎
日時:2008年10月12日(日)11:00〜17:00
  2008年10月13日(祝)10:00〜17:00
入場料:無料(一部ワークショップでは「材料費」がかかります)
出展:70ワークショップ(詳細は以下URLより)
   http://www.wsc.or.jp/WSC2008ws/index.html
対象:
  [こども]
   未就学児〜小学生から中学生・高校生まで、はば広くご参加頂けます!
  [おとな]
   こども向けワークショップに関心のある方であればどなたでも!
  *各々のワークショップで対象年齢が異なります。9月下旬にWEBサイトにて
   お知らせいたしますので、ご確認ください!
参加方法:直接会場にご来場ください! 
     *ワークショップ参加の事前予約はできません。
     *当日は混雑が予想されますので、お早めにご来場ください。
主催:CANVAS、慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構
後援:経済産業省、総務省、東京都教育委員会、港区教育委員会、
   有限責任中間法人融合研究所
協賛:クアルコムジャパン株式会社、株式会社CSKホールディングス(CAMP)、
   JAXA宇宙教育センター、スーパーサイエンスキッズ実行委員会、
   第一生命保険相互会社、ベネッセグリムスクール
助成:UBS「Kids in the Arts」公募助成プログラム UBSグループ、
   財団法人国際コミュニケーション基金(ICF)
協力:株式会社見果てぬ夢

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2008.08.29

【お知らせ】プロジェクト学習が大学を変える(プログラム変更)

公開研究会「BEAT Seminar」2008年度第2回

プロジェクト学習が大学を変える
〜2008年9月6日(土)開催!〜

BEAT(東京大学情報学環 ベネッセ先端教育技術学講座)では、
BEAT Seminar「プロジェクト学習が大学を変える」を開催いたします。

近年、大学卒の人材は、専門的知識や思考力に加え、実践的な能力(コミ
ュニケーション能力やプロジェクト遂行能力)も求められるようになって
きています。大学でこれらの能力を育てるためには、どうすればよいので
しょうか。
その答えの一つとして、プロジェクト学習が注目されています。プロジェ
クト学習はグループで課題について議論を行い、その解決策を提案する作
業を通じて、学習内容について理解を深めると同時に実践的な能力を育成
する方法であり、ここ数年日本でも取り組みが増えてきました。

今回のBEAT Seminarでは社会で活躍できる人材を育成するためにプロジ
ェクト学習を行っている大学の教員をお招きし、プロジェクト学習の成功
の鍵について議論したいと考えています。

みなさまのご参加をお待ちしております。

—————————【2008年度 第2回 BEAT Seminar概要】———————
■主催
東京大学 大学院 情報学環 ベネッセ先端教育技術学講座

■日時
2008年 9月6日(土)午後2時より午後5時まで

■場所
東京大学 本郷キャンパス 情報学環・福武ホール(赤門横)
福武ラーニングシアター(B2F)
http://www.beatiii.jp/seminar/seminar-map35.pdf

■定員
180名(お早めにお申し込みください)

■参加方法
参加希望の方は、BEAT Webサイト
http://www.beatiii.jp/seminar/?rf=bt_m051-1
にて、ご登録をお願いいたします。

■参加費
無料

■内容
1.趣旨説明 14:00-14:05

山内祐平 (東京大学大学院 情報学環 准教授(BEAT併任))

2.講演 14:05-16:15(休憩適宜含む)

●基調講演:工学教育におけるプロジェクト学習の実践事例:
『行動する技術者』を育成する~金沢工業大学の取り組み(仮題)
久保猛志氏(金沢工業大学 環境・建築学部 建築都市デザイン学科 教授)


●事例紹介1:看護教育プロジェクト学習の実践事例:
聖路加看護大学の取り組み(仮題)
森明子氏(聖路加看護大学 看護実践開発研究センター 教授)

●事例紹介2:プロジェクト学習を支援する概念とツール
~デザイン系プロジェクト学習実践事例からの提案
八重樫文氏(立命館大学 経営学部
環境・デザインインスティテュート 准教授)

3.参加者によるグループディスカッション 16:15-16:30

4.パネルディスカッション 16:30-17:00

『大学におけるプロジェクト学習・その成功の鍵は?』
司会:山内祐平
パネラー:久保猛志氏(金沢工業大学 環境・建築学部 
建築都市デザイン学科 教授)
森明子氏(聖路加看護大学 看護実践開発研究センター 教授)
八重樫文氏(立命館大学 経営学部
環境・デザインインスティテュート 准教授)

2008.08.18

【お知らせ】UTalk: どう答える? ”なぜ私が死ななきゃいけないの”

▼重いテーマですが、参加して損はありません!ぜひお申し込みください。

UTalkは、さまざまな領域で活躍している東京大学の研究者をゲストとして迎え、毎月開催するイベントです。カフェならではの雰囲気、空気感を大切にし、気軽にお茶をする感覚のまま、ゲストとの会話をお楽しみいただける場となっています。
9月のゲストは、緩和ケアの専門 医師として千の死と向き合ってきた岩瀬哲さん(医学部附属病院)。不治の病に侵されている患者さんが、満足して死と向き合うことができるための答えを、進化論をたよりに探ります。みなさまのご参加をお待ちしています。

日時: 9月13日(土)午後2:00 - 3:00
場所:UT Cafe BERTHOLLET Rouge
   (東京大学 本郷キャン パス 赤門横)
http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access.html
料金:500円(要予約)
定員:18名
申し込み方法:(1)お名前 (2)ご所属 (3)ご連絡先 (メール/電話) (4)イベントをお知りになったきっかけ、をご記入の上、 
utalk2008@ylab.jp までご連絡ください。

※申し込みの締め切りは 9月4日(木)までとします。
なお、申し込み者多数の場合は抽選とさせていただく場合がございます。ご了承ください。

2008.08.11

【お知らせ】プロジェクト学習が大学を変える

公開研究会「BEAT Seminar」2008年度第2回

プロジェクト学習が大学を変える
〜2008年9月6日(土)開催!〜

BEAT(東京大学情報学環 ベネッセ先端教育技術学講座)では、
BEAT Seminar「プロジェクト学習が大学を変える」を開催いたします。

近年、大学卒の人材は、専門的知識や思考力に加え、実践的な能力(コミ
ュニケーション能力やプロジェクト遂行能力)も求められるようになって
きています。大学でこれらの能力を育てるためには、どうすればよいので
しょうか。
その答えの一つとして、プロジェクト学習が注目されています。プロジェ
クト学習はグループで課題について議論を行い、その解決策を提案する作
業を通じて、学習内容について理解を深めると同時に実践的な能力を育成
する方法であり、ここ数年日本でも取り組みが増えてきました。

今回のBEAT Seminarでは社会で活躍できる人材を育成するためにプロジ
ェクト学習を行っている大学の教員をお招きし、プロジェクト学習の成功
の鍵について議論したいと考えています。

みなさまのご参加をお待ちしております。

—————————【2008年度 第2回 BEAT Seminar概要】———————
■主催
東京大学 大学院 情報学環 ベネッセ先端教育技術学講座

■日時
2008年 9月6日(土)午後2時より午後5時まで

■場所
東京大学 本郷キャンパス 情報学環・福武ホール(赤門横)
福武ラーニングシアター(B2F)
http://www.beatiii.jp/seminar/seminar-map35.pdf

■定員
180名(お早めにお申し込みください)

■参加方法
参加希望の方は、BEAT Webサイト
http://www.beatiii.jp/seminar/?rf=bt_m051-1
にて、ご登録をお願いいたします。

■参加費
無料

■内容
1.趣旨説明 14:00−14:15

山内祐平 (東京大学大学院 情報学環 准教授(BEAT併任))

2.事例紹介 14:15-16:00(休憩適宜含む)

●事例紹介1:看護教育プロジェクト学習の実践事例:
 聖路加看護大学の取り組み(仮題)
 森明子氏(聖路加看護大学 看護実践開発研究センター 教授)

●事例紹介2:プロジェクト学習を支援する概念とツール
〜デザイン系プロジェクト学習実践事例からの提案
 八重樫文氏(立命館大学 経営学部
環境・デザインインスティテュート 准教授)

3.参加者によるグループディスカッション 16:00-16:30

4.パネルディスカッション 16:30-17:00

 『大学におけるプロジェクト学習・その成功の鍵は?』
司会:山内祐平
パネラー:森明子氏(聖路加看護大学 看護実践開発研究センター 教授)
     八重樫文氏(立命館大学 経営学部
      環境・デザインインスティテュート 准教授)

2008.07.01

【お知らせ】BSフォーラム

5月10日に開催しました情報学環・福武ホールオープニング記念シンポジウム「世界の一元化に抗して文化に何ができるか」の模様が、NHKのBS2で放映されます。福武ホールの紹介映像の中に、研究室のゼミの様子なども少し入っているそうです。

7月6日(日)15:30 〜16:24 BS2 BSフォーラム

東京大学情報学環の拠点として、2008年に新しく建設された福武ホールで行われたシンポジウムのもようをおくる。東大をはじめとして、日本の大学は大きな岐路に立っている。新しい大学の役割、社会が期待する人材をどう育てるのか、模索が続いている。その中で今回のシンポジウムでは、「アート」が旧来の大学の学部の枠を超えて、新しい知の領域を創造する力となるのではないかという問題提起がなされた。

2008.06.23

【お知らせ】研究室訪問受付中

6月21日(土)に学際情報学府入試説明会が行われ、後半の「学環・学府めぐり」において山内研究室もブースを出しました。
IMG_0027.jpg
立錐の余地もないような状況で、たくさんの方においでいただきました。お立ち寄りいただいたみなさま、ありがとうございました。(お手伝いいただいた池尻さん、大城さん、岡本さん、林さん、ありがとうございました。)
山内研究室では、願書提出〆切(7/18)まで、研究室訪問を受け付けております。受験をお考えのみなさまは、ぜひおいでください。私に加え、現役院生も対応しますので、研究室や学府に関するいろいろな情報が手に入るよい機会になります。
ご希望の方は、contact@ylab.jp までメールで申し込んでください。

[山内 祐平]

PAGE TOP