2007.11.20

【公開研究会】子どもの放課後学習環境

2007年度第3回となる12月のBEAT公開研究会は、
 「子どもの放課後学習環境」
というテーマで開催します。

学校教育のような公的に提供される学習は "Formal Learning"、
それ以外の家庭や社会で行われている学習を "Informal Learning"
と呼ぶことがあります。

"Informal Learning"は、時間的にも圧倒的に長く、重要な存在でありながら、
今まであまり注目されてきませんでした。

今回のBEAT Seminarでは、子どもが放課後や休日にどのように学んでいるのか、
また、学びをささえる空間や人工物はどうあるべきなのかについて、考えて
いきたいと思います。

—————————【2007年度 第3回 公開研究会 概要】————————
■テーマ
 「子どもの放課後学習環境」

■主催
  東京大学大学院 情報学環 ベネッセ先端教育技術学講座

■日時
  2007年12月1日(土)午後2時より午後5時まで

■場所
  東京大学 本郷キャンパス 工学部2号館北館 9階 92-B教室
http://www.beatiii.jp/seminar/seminar-map32.pdf

■定員
  70名(お早めにお申し込みください)

■参加方法
  参加希望の方は、BEAT Webサイト
http://www.beatiii.jp/seminar/
  にて、ご登録をお願いいたします。

■参加費
  無料

■内容
1. 趣旨説明 14:00−14:10
 東京大学 准教授 山内 祐平

2. 講演 14:10-16:00
 ●子どもの放課後の学びはどうなっているか—国際比較調査から
   木村治生氏
  (株式会社ベネッセコーポレーション
   Benesse教育研究開発センター 教育調査室長)
 ●‘子育て住空間’、チャレンジが続く住宅業界の動向
   藤井繁子氏 
  (住生活ジャーナリスト/株式会社リクルート 住宅総合研究所 主任研究員)

▼休憩

 ●感性を育む『おうちワークショップ』−「ヒラメキット」シリーズ
   安永哲郎氏
  (コクヨ株式会社 RDIセンター ThinkEngine 事業開発部)

3. フロアディスカッション 16:00-16:30
 フロアのみなさまのグループディスカッションから、質問を出していた
 だきます。

4. パネルディスカッション 16:30-17:00
 「子どもが自然に学べる環境、文化をどう構成するか」
  司会:山内 祐平
  パネラー ・木村治生氏・ 藤井繁子氏・ 安永哲郎氏

2007.11.13

【お知らせ】iii online 授業公開中

学際情報学府のeラーニングサイト 「iii online」では、いくつかの授業を公開していますが、顔学で有名な原島博先生の授業が新しく公開されました。

http://iiionline.iii.u-tokyo.ac.jp/index.php/lecture/26#video

今回の授業では「時代をみる目」というタイトルで、大局的なビジョンについて語っていらっしゃいます。ぜひお楽しみください。


PAGE TOP