2015.08.17

【学びのアルバムを開いて】10年ぶりの再会

こんにちは、山内研修士2年の逆瀬川です。


暑いですね、あつい、とにかく暑い。
私は、大学にたどり着くまでの道のりで一日の体力の半分を消耗し、研究室でぐだっとしてしまうことが日常と化してしまったので、より省エネに通学する方法を模索中です。
みなさん、熱中症にはくれぐれも気をつけてください。


さて、前回からお送りしていますテーマ【学びのアルバムを開いて】について書きたいと思います。


-----------------------------------------------------------


山内研究室では、フォーマルとインフォーマルな教育、それぞれに関心を持っている人たちがいますが、私はフォーマルな学びである学校教育をフィールドとして研究をしています。


学生時代を振り返ってみると、私は結構、学校というものが好きでした。
といっても、なんでも熱心に取り組んでいたわけではなく、好きな先生の授業だけやたらと頑張るタイプの生徒でした。
褒められたものではないですね。

「懐かしい自分の学びを振り返る」というブログのテーマをいただいた時に、これはまたとない機会だな、しめしめ。と思い、卒業以来ほとんど会っていない中学校の英語の先生に連絡をとり、10年ぶりに会いにいってきました。


久しぶりに再会した先生は、私が中学生だった頃とほとんど変わっておらず、とても懐かしい気持ちになりました。


中学校の頃は、先生達のことを自分とは全く異なる人種だと思っていた節があり、教師が教師であることの意味について考えたことはありませんでしたが、
自分のキャリアを描かなければならなくなった今、教師を目指した理由や、教師という職業の好きなところなどを聞くことは、とても新鮮で興味深いものでした。


また、学校で働く以外にも新たに整体師の資格を獲得したり、ダンスをはじめたりと、自分の好きなことにどんどん挑戦しているようで、とても輝いて見えました。


自分の好きなことを楽しみながらアグレッシブに取り組んでいる先生を見て、改めて自分の関心に沿って研究できている今の状況を思い出し、夏の暑さになんか負けていないで、しっかり頑張ろうと身が引き締まる思いでした。


大人になった今、中学校の生徒と先生という関係から、また新たな関係性でお話できるということは少し不思議な感覚でもあり、とても楽しいものですね。


お忙しい中、時間をとっていただいて、本当にありがとうございました!


6290038086_80e5b7173b_b.jpg
(写真はイメージです。写真を撮るのを忘れてしまいました、何たる不覚)

小学校から高校まで振り返ってみるとらそれぞれの時代に好きな先生というものがいた私ですが、驚くことに全員が女性の先生でした。


全ての先生に共通していたことは、それぞれ強さと優しさを持っていて、毎日楽しそうに過ごしているように見えたということです。


こういう女性になりたいというロールモデルを見つけて、人知れず憧れていたのかも知れません。

教師の役割は多様で、時代と共に変化するものでもあると思いますが、好きな先生が動機付けとなり、学習自体が好きになれたり、将来展望に繋がったりすることは決してめずらしいことではないと思います。


24歳になった今、その像に近づけているのかと聞かれると、わりと乖離があることに気づき、危うく絶望しそうですが、素敵な人間になれるよう、これからも精進しようと思います。

-----------------------------------------------------------

このブログを読んで、長らくあっていない先生や、昔お世話になった人などの顔が浮かんできた方は、ぜひ少しの勇気を出して連絡を取ってみることをおすすめします。
自分を振り返るきっかけにもなりそうですね。


次の担当はM1の原田さんです。どんなお話が聞けるか楽しみです。

それでは、さようなら。

逆瀬川

2015.08.10

【学びのアルバムを開いて】「丸つけ」に憧れて

こんにちは、M2の青木翔子です。
外を少し歩くだけで、どっと疲れてしまうような猛暑日が続いていますね・・・!


夏休みに入り、今回から、ブログのテーマが切り替わります。
題して、【学びのアルバムを開いて】。
このテーマは、中学校時代・高校時代・大学時代など、いままで学んで来た場所や人について振り返ってみるという企画です。懐かしく甘酸っぱい感じの柔らかなブログテーマのタイトルになっていますね。M1の杉山くんと原田くんがつけてくれました、ありがとう!


ということで、わたしは、小学生時代のエピソードを書きたいと思います。
小学生時代といえば、よく遊んでたな〜!という思い出があるのではないでしょうか。
わたしも同じく、放課後に学校の校庭で遊んだり、友達とお絵描きをしていました。
特に、私の親は働いていたため、放課後と晩御飯はおばあちゃんの家で過ごしていました。
私の「学びのアルバム」の一枚は、そんなおばあちゃん・おじいちゃんとのエピソードです。


********
当時の私は、その日に学校で習った漢字などを題材に、学習プリントを作成し(下記の写真)、
それをおばあちゃん・おじいちゃんに答えてもらい、丸つけをしていたそうです。

スクリーンショット 2015-08-11 00.07.27.png

全く記憶がないのですが、なんとも真面目な小学生です(笑)。研究でも、単に学ぶだけではなく、教えることで更に理解が深まるということがよく言われますが、自発的にそれを実践していた、ということにしときたいと思います。

なにより、この小学生のお遊びに付き合ってくれていたおじいちゃん、おばあちゃんの優しさが心にしみます。

当時の自分の考えは思い出せませんが、なぜこんな遊び(学習?)をしていたんだろう?と思いを巡らせてみると、先生に対する憧れのようなものがあったような気がします。親が教員をやっているので、家で採点をしている様子などをみていたんだと思います。赤色のペンを握っている親の姿が、いまも残像として浮かんできます。親を真似して「丸つけ」をしたかった気持ちがあったのでしょう。
また、子どもにとって、「丸つけ」は特権的なものとして格好よくみえるのかもしれません。「100点」や「はなまる」をいかに上手に先生っぽく続けて書くか?を練習していたような気がします。

********

正直、あまり良いエピソードが思い出せなかったのですが、ゼミのみんなに引き出してもらい、家族がこの話をしていたことを思い出すことができました。
小学生くらいまで遡ると「先生」の真似ごとをしていた自分がいることに今回改めて気づき、ああ、私は、教員である親の影響を受けていたのかもしれない...と、少しばかり照れくさいです。
忘れているような学びの原体験でも、やはり今に影響を与えているのでしょうね。

他のメンバーの学びのエピソードも楽しみです!!

ではでは、残暑が厳しいですが、頑張って乗り切っていきましょう!

【青木翔子】

PAGE TOP