2015.03.24

【1年間を振り返って】千思万考

みなさま、こんにちは。
M1の松山彩香です。
Ylabのwebページがリニューアルされましたね!
すでに自分の名前が修士2年として載っていて、身の引き締まる思いです。
さて、今学期最後のブログとなりました。
「1年間を振り返って」書かせていただきます。

- - -
この1年間を振り返ると、毎日いろいろなことを考えていたなあ、と思います。
そのせいか、あっという間に終わってしまうと思っていた修士1年目は、私にはとても長く感じられました。
研究に関しても、授業に関しても、日常の何気ないようなことにすら、入学前の何倍も頭を働かせていたような気がします。
考えることが増えた理由は大きく分けると2つあると感じており、ひとつは、いろいろな人に会って話を聞いたり、たくさんの場所に出向いたりする機会に恵まれたことです。
岐阜大学でのJSET、隠岐國学習センターへの訪問、小学校見学などを通して、学びについても研究についても多くの新しい発見がありました。
また、専修大学ネットワーク情報学部のTAを1年間務めさせていただき、他の大学の授業に関わることで考えさせられることもたくさんありました。年度末にはCreater's Talkという枠で、私が学部時代学んできたことと現在の研究を紹介するミニ講演をさせていただき、それが自分自身を振り返るきっかけになりました。
そしてもうひとつの理由は、同期と議論ばかりして過ごしたことにあると感じています。
私の同期は全員同い年の同性で身長もほぼ同じという、一見共通点だらけなのですが、考え方や価値観は意外とバラバラなので、口論に近い意見のぶつけあいをすることもよくあります。でもそのたびに価値観を揺さぶられたり、自分の考えが明確になったりするので、日々学び合っているのではないかと思っています。
そんなふうに思考を繰り返した分だけ、自分が少しずつ成長していることを感じることができた一年間でした。

一方で、まだまだだと感じることもたくさんあります。
ゼミの研究発表では、自分のやりたい研究を説明することすら上手くできず、自分の発表資料や発言を振り返っては「なにか違う」という思いをずっと抱えていました。
自分ではよく考えているつもりでも、いざアウトプットしようとすると、ありきたりな言葉を並べただけの浅い内容になってしまい、今でも愕然とすることばかりです。
思考の深さも、伝えたいことを伝える力もまだまだ圧倒的に足りていません。
自分の考えを整理することの難しさ、言葉にできない歯がゆさには、これからも向き合っていくことになりそうです。

それにしても、この1年間、研究内容を二転三転させながらも、あれこれと自分のやりたいことを考えることができたのは、とても貴重な時間だったのだなあと最近になって思います。
来年度からは、修論執筆というアウトプットに向かっていくため、ぐるぐると考えてばかりもいられないからです。
これからの一年は、M1の一年間とはまったく違ったものになりそうな予感がしています。
大変なこともあると思いますが、とにかく楽しんで研究していきたいです。
来年度もよろしくお願いいたします。


【松山彩香】

2015.03.16

【1年間を振り返って】大器晩成

みなさんこんにちは。
年度始めに行われる学府恒例の研究構想発表会に向け、本格的に焦りを見せはじめた、M1の逆瀬川です。

-----------------

1年を振り返って

私は、経済学部から学際情報学府に進学し、教育や学習といった分野の知識がない状態でのスタートでした。
また、一斉講義型の授業しか受けてこなかった学部時代に比べ、グループワーク中心の授業やゼミでは、学ぶスタイルも変わり、うまくできないと感じることがたくさんでてきました。

M0の頃からゼミに参加していましたが、最初は質問することができない自分がとても悔しく、コンプレックスを感じていました。

M1になってからも、なかなか質問することができない日々が続きましたが、なぜできないのか考えてみることにしました。
その結果、私は人の話を素早く理解し、その上で、自分の言葉で意見を述べるということに、ひどく時間がかかる。つまり、瞬発力がないのだと気付いたのです。
瞬発力がないから、研究発表を聞いていてもうまく質問することができないし、グループワークで話し合っていたことを、まとめて全体に発表することにも苦手意識を持ってしまうのだと。

それからは、理解を早めるために、必要なキーワードはメモするように心掛け、数をこなさないと成長しないと考え、今までびくびくして言えなかった陳腐に思えるような質問でも積極的にするようになりました。

一年をかけてだんだんと質問が自然と浮かんでくるようになり、グループワークでの話し合いの内容を全体共有することも、苦にはならなくなってきました。

そして最近、就職活動の一貫で行った会社訪問で、企業の方に「君は質問するのがうまいね」と、とても軽い感じで褒められたのですが、
学府に進学が決まり山内研にきてからずっとコンプレックスに感じていたことを、思わぬタイミングで褒められた私は、とても嬉しく終始ニヤニヤしてしまいました。
この1年で確実に成長したと実感できたからです。

上記以外にも、厳しい授業やゼミ、歯に衣着せぬ物言いをする研究室の仲間のおかげで、これまでは気付かなかった自分に不足している部分に出会わなければけない瞬間がたくさんあり、
その度に、少し落ち込み、時には見てみぬ振りをしてしまう自分がいますが、なんとか受け止め、ダメな部分に向き合える人になりたいと思います。

自分ができないんだと悟った瞬間、私たちは成長するための一歩を踏み出していて、できない部分を変えたいと思い、少しずつでも行動することができれば、それは大きな学びに繋がる。というのが、1年間を通して感じたことです。

もちろん、変えていくことは簡単ではなく、たくさんの時間がかかり、性格上どうしようもないこともあるかもしれません。
それでも、まだまだ伸びしろしかない私には、社会にでるまでにたくさんできることが残っているはずです。

今まで見えなかった自分に出会える学習環境があることに感謝しながら、あと1年間、ゆっくり時間をかけて自分と対話しながら、修士論文という経験したことのない大作業を成し遂げたいと思います。

来年度もよろしくお願いいたします。


逆瀬川

2015.03.09

ylab春合宿

少しずつ、暖かな空気が漂い、それに伴い、花粉が舞い始め、春の訪れを感じさせますね。

さて、3月4.5日と、ylab恒例の春合宿にいってまいりました。
今回の舞台は、鬼怒川温泉。温泉で普段の疲れを癒しつつ、通常のゼミでは補えない、研究に必要な学びを2日間がっつりやっていこう。というのが、春合宿の趣旨です。

a94313bf9a980136e214b590929be8ff4df20a89.jpgのサムネイル画像


1日目はお昼に鬼怒川温泉駅に集合し、お昼を食べた後、早速学習プログラムが始まります。
このプログラムは、修了する先輩方の修論を、M1が読み込み、内容を発表するというものです。
文章の形になった修論を、最初から最後までしっかり目を通すことで、来年度自分たちが執筆するイメージを抱くことができます。


その後は、レクリエーションの一環として、ビブリオバトルをしました。
最近?はやりのビブリオバトルですが、個性豊かなylabメンバーが、普段どのような本を読んで生活しているのか知りたくなり、企画をしました。
学術書に限らず、小説、新書、エッセイ、レシピ本など様々なジャンルの本が集まりました。
本の内容に限らず、自分の好きなものの魅力を相手に伝えるための、効果的なプレゼンを学ぶいい機会になったと思います。
チャンプ本に選ばれたのは、安斎さんの『レトリック感覚』でした。おめでとうございます。
2位はM0の杉山くんの『千字文』と、大健闘でした。

10982575_729055103859323_965331035656303973_o.jpg

2日目は、朝から2つ目の学習プログラム「修論ができるまで」を行いました。
修了する先輩方3人と助教のお二人に、終始生活のスケジュールと、修論執筆し終えた経験から言える、当時の工夫や技などを教えていただきました。
その後は、それぞれの疑問点を持ち寄りパネルディスカッションを行いました。

DSC_0656.JPG

M0もM1も、修士生活は生まれて初めてのことであり、知らないこと・見当のつかないことで溢れています。そんな不安を和らげ、自分たちの修士生活を描くいい機会になりました。


最後は、鬼怒川観光ということで、ロープウエイに乗り、お猿に会いに行きました。
凄まじい餌の取り合いを目の当たりにし、どの世界にも生きる厳しさがあるのだと痛感しました。

11024653_797995256947833_6213807761976770136_n.jpgのサムネイル画像
bdf71a0899c1342190831a0fd78c73a9368bebf4.jpgのサムネイル画像
2日間、みなさんお疲れ様でした。この合宿で学んだことを残りの修士生活に活かし、充実した1年にしたいと思います。

PAGE TOP