2014.02.22

【1年をふりかえって】知らざるを知るとなす.これ知るなり


みなさまごきげんよう。修士2年の早川克美です。

山内研究室のブログも今回で最後の担当となります。
そのことはさみしいような誇らしいような不思議な気持ちです。山内研究室で過ごした3年間は私の人生において最も貴重な学びの時間であったと思っています。正直、この場を旅立つことは積み重ね始めた思考の拠り所を失うようで、大変心細い思いでいっぱいです。
...と、未練がましく最後のブログを終わらせてはいけません。笑。
本題にまいりましょう。

この1年をふりかえる。
長いようであっという間だったと言うべきところですが、正直、私にとっては果てしなく長く感じられた1年間でした。勤務している大学の授業で使用し、一般書籍としても出版する教科書の執筆・動画教材の開発と、修士論文が重なり、物理的にも精神的にもプレッシャーで押し潰されそうな1年だったからです。
時間軸で正確に書くと、今でも奇跡か?と思うほどとのギリギリの工程であったため控えますが、こうしてすべてを何とかカタチにできたことをご報告できることに感謝しております。

実は、今こうして書いていてる時になっても、この1年をうまくふりかえることができずにいます。気持ちの整理がうまくできません。あまりにたくさんの事があったためか、記憶が断片的で俯瞰することが難しい状態です。しかし、そんな中でも、印象的だった事がいくつかあります。その中でも最も鮮明な出来事は、修論を書いている時の気づきでした。

それは、修論を書きながら、様々な箇所で、ゼミの時に指摘をいただいてたことが脳裏に浮かび、やっと言われていたことの真意がわかったことでした。「あぁ、そういうことだったのか!」と何度机の上で頭を抱え、嘆息したかわかりません。何故、ゼミの時にわからなかったのかを考えました。それは、修論という器の構造を、書く時まで理解できていなかったということにほかなりません。書き進めれば進めるほどに足りない自分が明らかになっていく過程は、修論の構造を理解し完成させていく作業とは反比例に、内省を強いられる厳しく苦しい時間だったといえます。

「知らざるを知るとなす.これ知るなり」

この1年を表すとするならばこの言葉しかないでしょう。情けないことですが、何がわからなかったのかがわかった1年でした。そして、いつまでも落ち込んでいては、ご指導いただいた山内先生、助教の先生、研究室のみなさんに申し訳がたちません。足りなかった自分に正面から向き合い、学び続けていこうと思っております。


「現象に謙虚であれ」

山内先生からいただいた言葉を大切に胸に留め、山内研究室で得た学びを、自分の中にしっかりと根づかせて活動していきたいと考えております。

山内先生、山内研究室のみなさま、ありがとうございました。

そして最後に、
3年間にわたってブログを読んでいただき、ありがとうございました。

春はもうすぐですね。

早川 克美

2014.02.14

【この1年を振り返って】男児当に死中に生を求むべし

お久しぶりです.M2の吉川遼です.
本来であれば僕も今年で晴れて修了,さあ社会人!...,なのですが,現在ご縁がありフィンランドのアールト大学芸術デザイン建築学部(Aalto University, School of Arts, Design and Architecture)に留学させて頂いております.

Arabia

Aalto University, Arabia Campus. 昨年までMedia Labはこの建物内にあったのですが,今年よりHelsinkiの隣,EspooのOtaniemi Campusに引越してしまったため,あまりこちらに来る用事がないのが残念です.Alvar Aaltoが設計したOtaniemi Campusの整然とした佇まいもよいですが,こちらの雰囲気の方が個人的には好きです.

現在僕が在籍しているメディア・ラボの良い点として,講義の多くをメディア・ラボの卒業生が受け持っており,彼ら自身の専門や仕事で会得した実践知を学生と共有できる接点が複数あることが挙げられます.また各分野に特化したスタッフも数多く在籍しており,学生のサポート体制は非常に整っています.
また留学生の多さもさることながら,それぞれの学生が非常に多様なバックグラウンドを持っていることもよい環境を生み出している要因だと感じています.
コペンハーゲンで街中を使ったインスタレーションを制作していた人,身体を用いたタイポグラフィを研究していた人,漫画家でありながら化学を専攻していた人,...など皆さん非常に豊かなバックグラウンドを兼ね備えており,大変刺激的な毎日を送っています.

その一方,研究体制に関しては,特定の教授に就くといった日本のような体制ではないそうで,まだ組織自体が新しいこともあり理論的な枠組みの体系化や研究知見の積み重なりがまだ弱い,という声も聞かれました.

まだ留学生活もようやく1ヶ月を過ぎたばかりではあるので,何とも言えない部分が多いですが,これから先も色々と面白い体験ができそうです.


さて,昨年は色々な出来事が続々と降りかかってきて,今までにないくらい波瀾万丈の一年でした.どこからまとめてよいのか,といった状況なので少し雑多になってしまうかもしれませんが,研究活動を軸に留学に至るまでのこの1年を振り返っていきたいと思います.


■研究の焦点化
1月から3月にかけては,入学時よりこだわっていた「背景情報」を学習に活かすために何が求められるのか,対象とする分野や学習者,そして何をもって「背景情報」と呼ぶのか,自分が漠然と抱いていた背景情報を用いた学習支援のイメージをより具体化していく作業に追われていました.その結果として,熟達者の暗黙知的な要素(例:伝統舞踊や弓道の身体動作,譜面からの楽曲イメージ生成)が自分の抱いていた背景情報のイメージ,そして学習に活用できそうな背景情報と合致していたため,まずは「熟達者のプロセス」を用いるということでさらに対象を絞っていきました.


■問題意識の欠如
対象を楽器演奏に絞ってからは,認知科学や演奏領域の先行研究などを読み,自分が対象としている領域において何が問題となっているのか,その問題に対してどのような方法が有効なのか,頭の中では分かっているようなつもりになってロジックを組んでいたのですが,今思い返してみると前提となる「学習者が抱えている問題」や「社会的背景」の部分が非常にもろく,不安定なものであったように思えます.そのような砂上の楼閣に心柱が通っていると思い込んだまま,とにかく何か作らなくては,と焦燥に駆られていました.

それでも,自身の問題意識をより確固たるものにするため,楽器演奏熟達者の方々へのインタビューを通し,「どのように楽曲に対するイメージを形成しているのか」「それをどのように演奏に反映しているのか」といった点に対する理解を深める事ができました.実際にヘッドマウントディスプレイを使ってアプリケーションのプロトタイプを作ったり,...と(様々な課題をそれはそれは潤沢に残しつつ周囲に心配されながらも)順調に進んでいるように自分の中では思っていました.


■本厄の本領発揮
・・・とここまではよかったのですが,昨年末から無理をしていたツケが回ったのか,日常生活に支障がでる程体調が悪化してしまったことや,色々なトラブルも重なったため,JSETでの発表以降少しお休みを頂き,色々と思案を巡らせ,以前より興味のあったメディアデザインについて学ぶならこのタイミングしかない,と一念発起し,10月になんとかアールト大学に留学を申請し,年末年始ドタバタしつつも今年の1月6日に無事ヘルシンキに来ることができた,...というのが僕の2013年でした.

なので去年1年を振り返る,となるとよいこともあった反面,1年を通して辛く,苦しい時期が続いていた,というのが本音です.


■壁
研究活動において,壁は幾度となくやってきます.昨年までは小さな壁と大きな壁が毎月押し寄せ,その壁を乗り越えることに自身の全てのリソースを費やしていました.

壁を乗り越える活動からしばし引き剥がされたことで,今までの自分の物の見方を相対的に捉えることができたことは,留学してよかったことの1つだと思っています.また同時に自分の研究の立ち位置を相対的に捉え直したことで,今までの自分が大変な視野狭窄に陥っていたことに気づくことができました.当時ゼミで僕が研究発表をした後の空気感や皆さんから頂いた貴重なコメントの真意,そして僕自身が研究発表の前後に毎回抱いていた「コレジャナイ感」と毎日追い縋ってくる得体の知れない「何か」が何だったのか,今になってようやく気づくことが出来たような気がしています.

とはいえどこに行こうが壁にはぶつかるもので,留学における壁も言語や文化など様々です.これから先も僕は様々な壁にぶつかるのだと思います.

そのような場面において,自身の平衡感覚を麻痺させることなく,正面から対峙し,乗り越えられる力こそが,恐らくいつ,どこで,何をしていても自分自身を保つために,そして自分自身を成長させていくために必要なのかもしれない,と去年の8月上旬から先月までにかけての葛藤や苦悩,そして様々な方から頂いたご助言から学んだ次第です.


■経験に根を張った研究を
今後研究を進めるにあたり,僕自身の経験とそこで感じたものを自分の研究にどこまで入れ混ぜることができるのかが重要になってくると実感していますし(この点については最近,研究室の先輩の池尻さんのブログを読んで重要性を再認識しました),なによりそれだけの時間と場所を与えていただいたことに今は感謝しています.

また,研究室のメンバーの実践に携わることで,実験の準備や手順について間近で学ぶ機会があったことは来年度僕自身が実践をおこなっていく上で大変勉強になりました.どの方も綿密に計画を立て,スケジュールから機材等必要なものをきちんと管理し,参加者・実践者双方に実りのあるものを作り上げていく様子は,非常に参考になりましたし.大変尊敬できるものでした.

今の研究テーマがどのように進んでいくのか,どのように変わっていくのか,僕自身もまだ明確な方向性を打ち出せないままモヤモヤとしている状況ではありますが,今,この場所で学んでいる事を無駄にしないよう,自分が今持っている手札を学際的かつ有機的に結びつけていくことで,研究をより実りのあるものにしていければと思っています.

来年度も様々な方々にご指導・ご協力を仰ぐことになるかと思いますが,何卒よろしくお願い申し上げます.

suomelinna.JPG
ヘルシンキより

吉川遼

2014.02.07

【2年間をふりかえって】時間蝿は矢を好む

先日行われた修論審査会を無事乗り切り,とりあえず一区切りついたM2の梶浦美咲です.
今回から毎年恒例1,2年間のふりかえりをテーマにブログをお送りします!

私にとって最後のYlabブログなので,今回は私の回顧録として2年間どのように研究を進めていったのかを記事にしてみたいと思います.

----

【M1の前半:支援対象者の現状調査 & 先行研究レビュー】
一番最初,初年次大学生にメタ認知を促して学習計画を支援するシステムを開発したい,ということで山内研の門を叩いたのですが,ゼミメンバーから本当に初年次大学生はそれを必要としているのか,どのような困難を抱えているのかインタビューしてはどうか,という提案がありました.
そこで,もともとインタビュー調査の経験は皆無であったため,質的調査の作法など本を読みながら手探りで学び,先行研究のレビューと並行して大学生へのインタビューに臨みました.実際は同じ世代であったために全く緊張もせず,むしろインタビューから現場の声を聴くことで私が学部生であったときに抱いていた考え,勉強法とは違うものに触れることができ,非常に興味深かったです.
また,研究室の博士課程の先輩方からは,上手な学習方略のヒアリングをさせて頂きました.授業内容を自分の興味と関連づけて考える,友人とゲーム感覚で得点を競い合うなどの方法を伺い個人的には収穫が大きく,今振り返ってみても良い経験をさせて頂いたと思いました.

【M1の後半:システムアイデアの発想】
支援対象となる大学生像が大体描けてきた後は,ひたすら開発するシステムのアイデア出しをしました.質より量を優先してKJ法,オズボーンのチェックリスト法を使用したり,ロジックツリー,コンセプトマップを作成したりして,実現不可能であってもくだらないものであっても,とにかくひたすらアイデアを出していきました.アイデアは普段使用しているメディアの機能と組み合わせて考えたりもしました.
そのプロセスを経てみつけた良さそうな案を深化させ,最終的に他者の講義メモの入力状況を通知する講義の聴き方支援システムというアイデアに収束しました.ちなみにこのシステム案は宝探し+facebookメッセージの「入力中...」通知から着想を得ました.面白いシステムにするにはどうしたら良いか,自分1人で考え込まず,他の人とディスカッションするなどして数ヶ月考え続ける日々が続いたことを覚えています.

【M2の前半:システム開発】
そして開発フェーズ.もともと何かしらシステムを開発してみたいという思いが強かったのですが,当時の私のプログラミングスキルではシステムを開発できる自信がなく,やりたいという気持ちが強まる反面,実現できるのか不安が募るばかりでした.
そこで,自分なりにアプリ開発のできるベンチャー企業でアルバイトをしてプログラミングを学んだり,プログラミングに関する書籍を何冊も買い込んで家でひたすらコーディングをしたり....開発にこぎつけるまで私なりに試行錯誤して努力を重ねていました.
分からない部分はバイト先の社員さんに教えて頂いたりトラブルが発生した際は助けて頂いたりとお世話になりつつも,最終的には独力で開発できるまでもっていけたので,とても達成感がありましたし,自分の夢が実現して本当に幸せでした.システム開発中に自分の思い通りに動いてくれずやきもきすることも多々ありましたが,その分システムが完成したときには自分自身をほめていました(笑).

【M2の後半:評価実験・分析 & 修論執筆】
最後に評価実験をしました.正直評価実験もかなり苦労しました.被験者にPCでシステムを使用してもらえばすぐに実験が行える,と楽観的に考えていましたが,多人数で使用するシステムであるため,サーバーに負荷がかかってしまったり,プロトコルの通信速度に問題が生じたり,プロトコルが切断されたり,使用するパソコンが頻繁にフリーズしたりとにかく直前になって問題が多発し,もう修了できないのではないか,と危機感を抱いたときもありました(笑).
しかし数度の予備実験を重ね,最良の実験環境を模索したり,様々なトラブルを想定して対処プログラムを急遽追加したりして自分なりに最善を尽くした結果,なんとか評価実験を成功させることができました.システムの評価実験はトラブルが付きものだということを痛感しました.これも良い思い出です(笑).

----

この2年間,今振り返ると沢山の経験を積んできたように思えますが,実感としてはあっという間に時がかけていったという感じです.学部生時代は指導教官に手取り足取り指導して頂き,あまり困難を感じませんでしたが,それに比較するとよく頭を使った気がします.
研究について沢山思考を巡らせて納得のいく研究ができて,本当に幸せを感じた2年間でした.しかし周囲の助け無しにはこのような充実した2年間は過ごせなかったと思います.研究を進める上で本当に多くの方にお世話になりました.数々の場面で助けて下さった方々に改めて感謝させて頂きます.ありがとうございました.
2年間の経験を人生の糧に,社会人になってからも精進していこうと思います.


※評価実験前に日本教育工学会第29回全国大会(2013年9月20日(金)~23日(月))でポスター発表をしたので,その際使用したポスターを記念(笑)にアップします.
JSETポスター「講義メモ書き込み状況アウェアネスに基づいた講義の聴き方支援システムの開発」

梶浦美咲

PAGE TOP