2011.10.29

【山内研メンバーの一日】コーヒーを片手に。

皆様こんにちは。
修士課程1年の末 橘花です!

冬学期が始まって早いもう1ヶ月。
大学にいると、夏休みが明けるのが10月なので、10月から秋が始まる気がしますが、もうジャケットやコートを羽織らないと寒い季節になりましたね。

さて、山内研に所属する大学院生が普段どのような生活を過ごしているのか、その日常に迫る【山内研メンバーの1日】シリーズ、第6回目は私が担当させていただきます。


ご存知の通り、この研究室は理系の研究室のように、実験室で白衣を着て試験管を振るわけでもなく、またコアタイムもありませんので、研究室にいなくても、論文とパソコン、それに紙と鉛筆さえあればどこでも研究ができます。

かくいう私は、昔から家で集中して本を読んだり、勉強することが苦手だったので、とにかく家の外に出ていることが多いです。


お気に入りは、「カフェ」で研究することです。

カフェで作業するの最大の魅力は、
空間にいるのは自分一人ではなく、自分の知らない人がたくさんいるので緊張感を持てる、でも図書館のような静かすぎる雰囲気ではないのである程度リラックスできる。といったところでしょうか?集中力のない私にとっては、とってもいい空間です。

他にも、バリスタの作るカフェアートを見て癒されたり、お洒落な空間に身を置くことでモチベーションが上がったり、おいしいケーキやパンを食べたり(時には昼ご飯を食べたり)、とカフェの良いところはたくさんあります。

7207f619e8f5401a99920a5202a531a9_7.jpg

その中でも、私は日の光が入る明るいカフェが好きです。
カフェでなくてもそうなのですが、だいたいいつも窓全開で風通しがよく、光が入り、部屋の中にいても外界とつながっている、そんな空間に居心地の良さを感じます。また、ほどよい明るさは本を読むのにも最適です。

研究室は一面ガラス張りなのに北向きで日差しが全く入らないので、ガラス越しに見えるお向かいの史料編纂所が太陽の光を浴びているのを見ると、むずむずしますw

一番好きなのは、晴れた日にカフェのテラスで本を読むことなのですが、本郷三丁目のスタバのテラスにいると知人がたくさん通るので気恥ずかしいですね。というわけで、現在こっそりテラスが気持ちいいカフェを探し中です。本格的に寒くなる前に見つかるといいなぁ...。

私がカフェによく行くようになったのは、学部時代、特に卒論を書いている頃からです。昔は図書館派だったのですが、去年卒論を書いている頃からよくカフェで研究するようになりました。

私は学部時代には、吉祥寺に住んでいたのですが、
吉祥寺にはお洒落なカフェがたくさんあります。

新しいカフェを発掘していくのも楽しみの一つですが、
一つのカフェに通い続けて店員さんと仲良くなるのも好きです。

吉祥寺には通い詰めたカフェがあります。

cafe ZENNON です。

ここのフリーのwifiは重宝しました。天井も高くて圧迫感のない空間で、赤が基調となっているところも好きです。また、吉祥寺には漫画家やクリエイターさんがたくさんいらっしゃるそうなのですが、このカフェのコンセプトは「漫画」「アート」「カフェ」で、「創造性を育むカフェ空間」とうたっており、漫画をモチーフにした作品が多く飾ってあります。実際にお客さんでデザインを描いている方も見かけたりしました。とってもお洒落で素敵な空間なので、吉祥寺に行った際は是非寄ってみてくださいね。

他にもこれまで行ったカフェをブログで紹介しています。
(良かったらご覧ください。→ Kiccafe )

バリスタ


だけど、なんだかんだいって研究室が一番落ち着きますね。
やっぱり仲間の顔を見るとホッとするし、元気が出ます。

研究室では、先輩のアカデミック雑談に耳を傾けたり、
同期とお互いの進捗を話して励まし合ったり、
隣に山内先生のお部屋があるので適度な緊張感を保ちつつも、
先生から時々お菓子をいただいて癒されたり♡笑

大きなテーブルをみんなで囲んで座るスタイルも、そこで交わされる雑談も、真剣な話も、どこか家族のような雰囲気があってとっても素敵な研究室だと思います。


これからも、ファーストプレイス(家)、セカンドプレイス(研究室)、
サードプレイス(私の場合はカフェ)とうまく使い分けて
ストレスをためこまない研究生活を送りたいなと思います。

2011.10.21

【山内研メンバーの一日】私の1日

 皆様こんにちは。修士課程1年の吴重恩です。

 【山内研メンバーの1日】第5回目はわたしが担当させていただきます。
 
自分の1日を書くというのは、ほぼ日記みたいなものですね。日記は文学的素養の深さに関わらず、誰でも気軽に書けるはずです。なのに私は、昨日この「山内研メンバーの1日」のシリーズタイトルを5分間以上見つめて、1文字も書けませんでした。
 
唐宋八大家の一人の韓愈は嘗て言いました:「業は勤むるに精しくて、嬉しむるに荒み、行いは思うに成りて、随うに毀る」("业精于勤荒于嬉,行成于思毁于随")。充実な生活ぐらいあれば、書けないわけがないですね。一体いままでどれだけ怠けていてつまらない暮らしをしてたのかを自分に問いをしたい気分です。
 
「充実で面白みでいっぱいな1日」を書いてお送りしたいつもりでしたが、事実上こんな暮らしではないですから、それよりも「真実の1日」を送らせていただきます。
  
 殆どの時間をパソコン作業か読書で使っていますが、いかにも真面目そうなイメージです。しかし、途中チャットツールで友たちとチャットしたり飲み物を買いに行ったりするから非効率の至りで、視力が下がる一方で脳と心は相変わらず「空っぽ」状態のままです。

それにしてもなるべく落着いて勉強しようと頑張っています。「押詰め」教育を受けてきた私にとって、研究室やコモンズのような割とインフォーマル・ラーニングに向いている学びの場よりも伝統式な教室で集中できるのです。しかし最近図書館に行っても、つい寝てしまうから、結局やめました。いまはコモンズでバッハを聞きながら研究の作業をするのが一番多い感じです。お昼の時間になると、コモンズにいる違う研究室の人や違う国の人と一緒に大学付近のお店でご飯を食べながら悠々としたのが大好きです。

一人で海外で生活するのは色々と大変ですが、人生の「スプリング」(Spring)を常に意識しいます。スプリングは、何種の意味があります。春という意味もありますし、金属製の部品という意味もあります。人間とその生活はスプリングと同じように、ストレッチ(stretch) とリラックス(relax)を両立させることができるからこそ、いつになっても良い状態で働けるわけです。いくら忙しい日でも、趣味と休憩の時間を保証して、余裕を持って生活するのは大事だと思います。

吴重恩

2011.10.13

【山内研メンバーの一日】夏休みのとある一日

皆様こんにちは。修士課程1年の河田承子です!
だんだんと秋も深まってまいりましたね。先週から新学期が始まり、慌ただしく毎日が過ぎていきます!入学からもう半年が経ったのが信じられません。

さて、山内研に所属する大学院生が普段どのような生活を過ごしているのか、その日常に迫る【山内研メンバーの1日】をお送りいたします。

第四回目は私が担当させていただきます。
大学の近くに住んでいる私は、毎日自転車で通学しています。大学近辺は坂が多く、研究室にたどり着くのも一苦労です。夏の間は大変でしたが、最近は涼しい風が吹いてきたので、気持ちよくペダルをこいで通っています。東大は敷地がとても広い為、食堂や書籍部に行く時に自転車があるととても便利です。半年前までは、自転車にはあまり乗らなかったのですが、今ではとても重宝しています。

大学に到着すると、真っ先に向かうのは研究室です。論文を調べたり、先輩や同期とお話をしてお昼過ぎまで過ごします。ランチはもっぱらメトロ食堂に通っているのですが、最近は大学近辺で美味しいお店を探索中です!

さて、大体3時〜4時を過ぎるとまた自転車に乗って我が家へ戻り、研究室で調べた論文を読み始めます。大学生の頃は、図書館で勉強する時間の方が長かったのですが、大学院に入ってからは家で勉強する時間の方が長くなりました。一息ついた時には、Cook Padで夜ご飯何にしようかな〜?と検索したりしています。(私は食べる事が大好きなんです・・・)

こうやって振り返ると、夏休みはかなりのんびりした一日を過ごしていましたね。これも新学期が始まると一変しそうです。また気を引き締めて頑張っていきたいと思います。

河田承子

2011.10.11

【エッセイ】存在しない職業への準備

10月5日に、21世紀型スキルを育てるためのICT活用に関する記者発表を行いました。
東大、MS、レノボが「21世紀型スキル」育成を目指した教育の実証研究

21世紀型スキルは、今後の社会を生きていく子どもたちが必要な能力群として定義されていますが、以下のような内容が含まれています。

(1) 批判的思考力
(2) 問題解決能力
(3) コミュニケーション能力
(4) コラボレーション能力
(5) 自律的に学習する力
(6) ICT(情報通信技術)を確実に扱うことのできる能力・スキル
(7) グローバルな認識と社会市民としての意識
(8) 金融・経済に対する教養
(9) 数学、科学、工学、言語や芸術といった分野への理解を深めること
(10) 創造性

このような高次な思考力/応用力への傾斜は、高等教育におけるアクティブラーニングでも同様に見られる現象です。学力テストのPISAも同じ思想から設計されています。

欧米を中心にこのような考え方が強くなってきた背景には、情報化・国際化による労働市場の変容があります。「今年小学校に入学する子どもたちの65%が現在存在しない職業につく」という予測もあります。こういう状況では、医者や弁護士などの「固い専門職」をのぞいて、職業と学業の体系的な接続が難しくなります。そのため、転移可能性が高いコアスキルとして、思考力や応用力が重視されるようになっているのです。

参考記事:What's Your Major? Working Toward the Uninvented Job

山内 祐平

2011.10.08

【山内研メンバーの一日】出会い溢れる日々

皆様、こんにちは。修士課程2年の土居由布子です。

肌寒くなり、本郷キャンパス中からおなじみの銀杏の香り(←ちょっと苦手ですが)が漂うようになって秋を感じられます

昨日から冬学期のゼミが始まりました!M0(春に山内研究室に入ることが決まった未来の後輩達)の歓迎式も例年通り開かれました。

本当に時間が過ぎるのを早く感じる今日この頃です。

さて、山内研に所属する大学院生が普段どのような生活を過ごしているのか、
その日常に迫る【山内研メンバーの1日】が今回のブログのシリーズ、第三回目なんですが、

私の日常をキーワードにすると「出会い溢れる日々 」 が一番しっくりくるかと思います。

私の1日の過ごし方を簡単にいうと、

往復の電車で研究関連の本や論文などを読む時間、約2時間。

研究室に来る時間はいつもバラバラ(早い時は朝9時、遅いときは夕方3時)ですが平均お昼ごろでしょう。

毎日ではないですが、お昼休みまたは5時以降には本郷の御殿下ジムのフィットネスクラスを受けに行っています。(ヨガ、エアロビクス、ヒップホップ、シェイプボクシング等!)

山内研はコアタイムのような制度がなく、研究室に毎日来る人もいれば、あまり見かけないメンバーもいます。

私は土日も含め、ほぼ毎日研究室に来ていて、1日3〜6時間くらい研究室で過ごしています。

最近は友達とランチやディナーを食べに行くことも多く、お気に入りのお店を増やすことが最近の楽しみです。

友達との語らいを通して自己の振り返りや今後どうしていくべきかを整理することが多いですね。本当に多くの素敵な方々に支えられていて幸せ者だと思います。

さて、タイトルに示したように私の日常は出会いが多いなぁと思うのですが、その原因は2つ。

Facebookを駆使して自身が住むつくばのコミュニティ、そして都内のコミュニティをこの1年半でどんどん広げていきました。

もう一つは国際的な異業種交流会を月1で主催していることです。毎回500人規模の人々が集まります。

研究においても自身が所属する研究室だけではなく、青山学院、NHKの方々とワークショップを実践したり、研究の相談をさせて頂いたりしています。

これもご縁で、TAとしてアルバイトしていた授業の中で特別講演をされた先生が青山学院で映像関係のラボをやっていて、呼んで頂いたのがきっかけです。

私はとにもかくにも自分で企画して実践することが大好きな人間で頭の中には次の企画のことが常にあります。

半年後には社会人になるわけですが、自身の仕事以外に、交流会やSNSを越えてワークショップや、展示会など色々な企画にこれからも挑戦していきたいと思っております。

その前にあと3か月で修論を書き上げなくてはいけないので、ここに書いた私の日常はひとまず置いといて、修論と本格的に向き合っていこうと思います。

調査では一般の方々にインタビューをしていくのですが、このフットワークとエネルギーを活かして、多くのことを見出して行ければと思います。

[土居 由布子]

PAGE TOP