2011.05.29

【今年の研究計画】学校外における障害児と健常児の交流・共同学習を支援する 学習プログラムの開発

みなさまはじめまして!
4月から修士課程に入学しました、山田小百合と申します。
【今年の研究計画】シリーズ、今回は、M1の山田がお送りします。
まだ漠然としていることが多いのですが、修士課程で何をしていきたいのかを書いてみようと思います。

*研究テーマ*
学校外における障害児と健常児の交流・共同学習を支援する 学習プログラムの開発


●研究について簡単に言い表してみると

私がしたい研究を簡単に言い表してみると
インクルーシブ教育での試みを学校の授業だけでなく、学校外でも楽しく行える学習プログラムを実施してみたい!
というものです。
ちなみに今回の研究テーマにある「障害児」は主に知的障害・自閉症を対象に考えています。
少し細かい話を次にしていきます。


●ところで「インクルーシブ教育」とは...?

 ところでみなさんは、「インクルーシブ教育(Inclusive Education)」という言葉をご存知ですか?簡単に説明すると、人種や国籍、障害の有無など、様々な違いをもった子どもたちが、同じ空間で学ぶ教育のことをいいます。1994(平成6)年6月に、サラマンカ宣言というものが提唱されたことが、「インクルーシブ教育」という言葉を広めるキッカケだと言われています。そしてこの「インクルーシブ教育」は、いわゆる「特別支援教育」の文脈で現在は多く使われるようになりました。


●関心をもつ経緯と研究の背景

*関心経緯

 みなさんは特別支援学校(学級)の児童・生徒が自分たちのクラスに時々やってくる「交流学習」の経験はあるでしょうか。ちなみに私の経験を話すと、兄と弟が知的障害者かつ自閉症で、特別支援学校に通っていたので、普通学校(学級)で行われる交流学習を数カ月に1度のペースで行っていましたし、私自身も交流学習を行うクラスにいたこともあります。
 その後私は、その交流学習は、「障害児と健常児双方にとって、本来の意味をなしているのか?いい時間を過ごせているのか?良い学びは本当に起こっているのか?」などと考えるようになりました。デザインの仕方によっては、障害児にとってもむしろあまり学びのない経験になるかもしれないし、ストレスがたまってしまうかもしれない。反対に、健常児にとっても、逆に障害者への偏見のキッカケを与えてしまうかもしれません。(ここでは「障害児」「健常児」という表記をさせていただきます。)
 
*研究背景

 特別支援教育に関する研究は、これまで多くされてきました。しかしこうして障害の有無を超えた「インクルード」していく学びの機会に関する研究は特に少ないようです。また、そのような学習プログラムを実施することは、知的障害児・自閉症児を対象とした場合より困難が生じるため、研究事例も数少なくなります。さらに言うと、学校内での授業などの実例は多々あっても、学校外での実施例は格段に少なくなります。それはおそらく、「学校の先生」がいないとそのような場はなりたたないという認識が、どこかであるからなのでは、と仮定しています。
 また、障害児は学校と家以外の活動の場所がどうしても限られます。例えば小学生だと、児童館や学童保育などに障害を持つお子さんを預けるなんて、親御さんにとってはハードルの高いことであり、かつ、施設側も受け入れ態勢が整っていない現状があります。中学校だと、普通学級の生徒のほとんどは学校の授業の後、部活動を行っていますよね。しかし特別支援学校(学級)の生徒のほとんどは家に帰るしかない現状があります。社会的経験をつむ場所が、どうしても限られてくると感じるのです。もし学校外での場所でも何かプログラムが実施できるとなると、そのハードルも少しは下がるキッカケになるのでは...と考えています。


●研究の目的

 おそらくこの交流学習はインクルーシブ教育の要素があるものだと思います。しかし、学校内ではインクルーシブ教育のような交流学習が行われているにもかかわらず、学校外ではそのような学びをデザインできる場がないのでは、と考えました。
 そして欲を言えば、それは障害児だけのための機会でなく、健常児にとっても「おもしろかった!楽しかった!しかも学んだことがあった!」と思える学びの場のデザインだったら、とても素敵なんじゃないかと思ったのです。

つまり...
「障害がある人と、実は思った以上に楽しく一緒に学べるんだ」そして「障害があろうとなかろうと、どんな場所でも学びの機会はあるんだ」と多くの人が感じられる学習環境デザインを生み出してみたい!と思っています。

もちろん、障害児にとってもメリットがあって
健常児にとってもメリットがあって...

そんな学びの場が生まれるきっかけになるような研究ができたら、と思っています。
まだまだ勉強不足ではありますが、有意義な研究になるようがんばります!

[山田小百合]

2011.05.25

【エッセイ】英才は育てられる

日本とアメリカの教育システムの違いの一つに、英才教育(Gifted and Talented Education)があります。特別な才能を持っている子どもを早い段階で見いだし特別なカリキュラムを与えて成長を促すプログラムで、アメリカでは多くの州で公教育として展開されています。
先日、アメリカ教育省がノースキャロライナ州で行った、英才教育プログラムを一般の子どもたちに展開するプロジェクトの研究成果が公開され、話題になっています。

Treating Students as Gifted Yields Impressive Academic Results, Study Finds

この研究では、多重知能理論・高度な課題解決・テクノロジーの利用などを特徴としたProject Bright Ideaという英才教育の方法を、一般の幼稚園児・小学校1年生・2年生10,000人に5年間展開してきました。
小学校3年時の英才児の割合をBright Ideaクラスと通常のクラスで比較したところ、通常のクラスの割合が10%であったのに対し、Bright Ideaクラスでは15%から46%と大幅に増加していることが明らかになりました。

裏返すと、のびしろを持っている多くの子どもたちが、適切な教育方法がとられていないために可能性を発揮できていないことが判明したともいえます。

この研究はアメリカの学校を対象としたものですので、単純に日本に適用することはできません。ただ、どうすればひとりひとりの持っている可能性を最大限に引き出すことができるのか、教育者に内省を求める研究結果であることは間違いないでしょう。

山内 祐平

2011.05.21

【今年の研究計画】大学におけるコミュニティスペースの活用と学生の意識や態度に与える影響に関する研究

みなさまはじめまして。

この4月から山内研で学ばせて頂いております、早川克美と申します。
社会人院生として研究と仕事の2足のわらじを必死に履きこなし、
ワクワクする研究成果を実現したいとの大望をいだいております。

まだ現時点では研究計画としての輪郭が不鮮明な状態のため、
今回は、研究で自分がやっていきたいことの大づかみなイメージと、
今後に向けての課題についてお伝えしたいと思います。


●関心の根っこ

「実務者は多様に実装して問題解決にあたるが、何が機能したのか?についてはわからないままだ。研究は、その何故?の問いに答えをみつけていくことであり、実務と研究は大きく異なる」というゼミでの山内先生のお言葉がありました。まさにその通りで、自分自身が今までデザイナーとして活動してきた中で、その時々の仮説を仮説のまま論に展開しないできたことに、疑問を疑問のままにしたくない!という思いが年々高まり、進学を決意するに至った理由です。

では、どのようなことを解明していきたいのか?

「学びが起こる環境」「行為と空間の関係」「探し発見する活動とは」「場の意味性」

人間が人間であることの根源的な営みとして「学び」という行為が起きるのだと考えています。その「学び」の空間を舞台に、人間ととりまく環境の本質と特質を探っていきたい、ということが私の研究に際しての関心の根っこです。


●ふたつの学びの空間

学びの空間には大きく2つ、そのありかたが異なるものが存在していると考えています。
ひとつは、教室・図書館・ラウンジという人間が実際に滞在する物理的環境、
もうひとつは、e-leaningに代表されるオンライン上の非物理的環境です。
どちらも学びの空間ですが、それぞれ異なるルートで研究が行われています。
そしてこのふたつの環境を語られる際、
文献ではそれぞれに「space」という空間を表す言葉が扱われていることがあります。
この「space」を教育メディアとして再定義して捉えると、学びの契機、学びの経験、学びの継続といった学びの行為を支える要素として比較検証し、相互に有用な知見が導き出せるのではないか?と考えています。


●知りたいこと

関心の根っこを少し具体的に整理すると次のようになります。

「学生が学びの空間を理解し活用していくプロセスが知りたい」
 ↓
「思考と人工物・情報・空間の相互作用を見つめたい」
 ↓
「状況〜経験〜価値づけの意識の流れを見つめて、学びの状況の可能性を知りたい」
 ↓
「学びの空間パターン原則を導き出したい」


●今後に向けての課題

前項までをご覧頂いておわかりのように、まだ興味・関心のレベルであり、すべてが曖昧です。研究というひとつの「問い」に精製する過程をこれから粛々と進める必要があります。そのためには先行レビューを徹底的に行い、私が歩む道筋について可能性を消しつつ、可能性を見つけていかねばなりません。

また、長きにわたった社会人経験で、問題解決とその効果について拙速に出そうとするクセが身についており、問いをよりシンプルに、よりシャープにすることへの難しさに直面しています。ただ、これは先行レビューの徹底によって克服できることなのかもしれません。

人生の折り返し地点をまわったところからの研究活動、
遅すぎるデビューならではの味わいを醸し出したいものです。
生きているといろんなことがありますが(笑)、
山内研という最高の学びの環境を得られた幸運に感謝し大切にしていきたいです。
素晴らしい先達に囲まれながら
より良い研究ができるよう精進してまいりたいと思っております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

拙い記事におつきあいいただきありがとうございます。

早川克美

2011.05.14

【今年の研究計画】オーラル・ヒストリー構築体験を通した価値観の変容

はじめまして。
今年度から山内研で学ばせていただいている修士1年の末 橘花(すえきっか)です。
今週の【今年の研究計画】を担当させていただきます。

―――
【研究テーマ】

オーラル・ヒストリーの構築体験を通した価値観の変容

【研究の背景】

■歴史教育の現状と問題
 みなさんは、中高生の頃どのような歴史の授業を受けましたか?テスト前に必死に教科書を暗記したり、先生の呪文のような講義についうとうとしたり...なんてことはなかったでしょうか?それもそのはず、現状の歴史教育の問題点として、教師の一方的な講義や教科書の無批判な理解(加藤1996)があげられます。
 一方、歴史を理解する上で、生徒の生活世界での経験に基づいて歴史のイメージ形成がなされるにもかかわらず、現状では、日常と切り離された抽象的言語レベルで歴史知識を学んでいるため、表面的な理解に陥りやすくなっています(宮崎1995)。

 上記の問題を解決するためにこれまでたくさんの新しい歴史学習の方法が検討されてきました。例えば、教科書の補助資料としての図説や文字史料や、山内先生の開発されたウェアラブルコンピュータでの歴史学習(中杉ら2002)もその一つです。

 しかし、それでもなお解決できない点もあります。それは史資料から得た情報から当時の人々の考えや心情を知ること、教科書の記述に対して実際にはどうだったのかという細かい視点で見ること、自分のもった疑問に対して深く掘り下げることができません。また、名もなき一般市民の記録は文字史料として残っていることは少なく、戦争時の史資料など戦禍に巻き込まれて物理的に残せなかったものもあります。
 
 以上から、現存の史資料を使った歴史学習は、歴史の抽象的な全体像が見えても、日常知に結び付けて歴史をイメージすることが難しいのが現状です。


【研究目的】

■歴史に「声」を取り入れるオーラル・ヒストリー
 史資料のみを用いた学習ではなく、具体的なイメージ形成からより深い歴史の理解を促す「オーラル・ヒストリー」を用いた歴史学習方法をデザインします。そして、深い歴史の理解を通して、学習者の歴史観・人生観といった価値観の変容する過程をはかります。


【研究方法】

■オーラル・ヒストリーとは?
 日本では第一人者の御厨(2002)が、公人の専門家による万人のための口述記録と定義しています。しかし、2005年には、近年オーラル・ヒストリーが急速に市民権を得たことから、公的体験を有する人のみならず、いわゆる庶民や名もなき人にまで改めて対象とする人々の背景を広げてよいと述べています(御厨2005)。また清水(2003)は、ある個人にその体験を口述してもらい、これを記録、分析する一連の作業を総称したものと定義しています。要するに、人の声(個々の人生や体験した出来事の語り)を取り入れることによって歴史を再構成していくプロセスです。

■ストーリーから学ぶ、対話から学ぶ
オーラル・ヒストリーを用いて学習すると、一般的な授業では得がたい「ストーリーによる学び」が可能になります(中川2009)。先行研究でも、聞き手である学生はインタビュアーの個々のストーリー、人生哲学を学び、高齢者に対する固定観念が外れ、変容的学習が行われています(中川2009)。
 
 一方、広島長崎、沖縄などの修学旅行のプログラムにある語り部の体験談の語りはこれまでも教育の一環として活用されていました。そのほとんどがインタビューというよりむしろ講演、講義といった体験者による一方向的な語りが中心になっています。しかしながら、桜井(2005)は語り手の人生を解釈するのは、聞き手の「自己」の人生であり、オーラル・ヒストリーを用いて有効的に学習するには、聞き手と語り手の相互作用をもって語られることが必要と述べています。そのためにも「語り手と聞き手の相互行為」としてインタビューを行い、対話的構築を行うことが重要になります。


【今後に向けて】

 今年一年間はとにかくたくさんの文献にあたって広く深く掘り下げる一年にしたいと思っています。欧米ではオーラル・ヒストリー・プロジェクトと表される歴史学習が盛んに行われているので、毛嫌いしていた英語文献のレビューにも励みたいです。また、オーラル・ヒストリーに関連する概念に、ストーリーテリング、ライフ・ストーリー、ライフ・ヒストリー、ナラティブ・アプローチなどがあります。これらは様々な学問領域で発達しましたが、うまく整理しつつ、多方面からこの研究を捉えていきたいと思います。


[末 橘花]

2011.05.05

【今年の研究計画】情報化した学びを支援する学校家具に関する研究

皆様はじめまして。今年度から山内研で学ばさせていただいている、M1の呉重恩です。
今週の【今年の研究計画】シリーズを担当させていただきます。

研究のテーマ:
  情報化に対応するキャンパス・ファニチャー
情報化した学びを支援する学校家具に関する研究

       
研究の背景 :
学習環境論の発展に伴い、学校、特に大学に設置されたキャンパス・ファニチャーのデザインと運用に着目する研究が増加しています。キャンパス・ファニチャーとは、椅子や机、照明設備までの学校に設置されていて、主に学習のための家具です(Mayer・Frederick・W,1976)。今までのキャンパス・ファニチャーについての研究は、学習用机・椅子の寸法と学生の身体の適合性など人間工学に着目するのが多いです。一方、インターネットとマルチメディア技術が盛んに使われた中で、大学における学習環境はますます情報化している姿勢が見られ、学びの形式、状態と仕組みも大いに変わったと言えよう。そういう背景の中で、情報化が主な原因で変わった学習環境に対応するようなキャンパス・ファニチャーの開発が要求されると見られています。しかし、今までのキャンパス・ファニチャーの研究は、人間工学に関するものが多く、情報化時代の学習者の動機付け、学習形式に配慮して学びそのものを支援するようなキャンパス・ファニチャーに関する研究が少ないです。
研究の目的
研究背景を踏まえ、学習環境に重要な位置づけとなるインターネットとマルチメディアの利用の諸問題に取り組む場合、学習者の学習の形式、動機付け、活動、人工物の依頼度、キャンパス・ファニチャーでの需要等の項目を考察しながら、それらの学習を支援し、学習の効果を向上させることを実現させるようなキャンパス・ファニチャーの研究を試みます。

研究の方法
文献のレビューと現場の調査などを行う予定です。まだ研究の具体的な課題が決まっていないですので、研究方法についてこれから詳しく考えようと思います。

今後に向けて
 空間・家具などの人工物を含める物理的な学習環境が支えるのは、学習活動なので、まず支援したい学習活動の点で絞りたいと思います。学習活動は、形式によって様々がありますが、今興味を持っているのはPBL(project- based- learning)で、まずそれについて調べると考えています。

2011.05.02

【原稿掲載】仕事をより面白くするオフィス

京都工芸繊維大学 新世代オフィス研究センターから出版予定のNEOBOOK3に「仕事をより面白くするオフィス」というテーマで執筆しました。許可をいただきましたのでブログに転載します。

(1.あなたにとって「仕事が面白い」とはどういうことか 2.「仕事を面白くする」ためにはどうすればよいか を1000字程度でコラム風に書くという指示で執筆)

発見があるから仕事は面白い
「面白い」というのは個人的な感覚なので人によって違うのだろうが、研究者には「発見」におもしろさを感じる人が多いように思う。
発見は中世から使われている言葉だが、もともとはハツゲンと読み、見えないものが見えるようになるという意味で使われてきた。現在のように、今までにないものを見つけるという意味で使われるようになったのは明治時代以降であり、翻訳の中で生まれた用法である。
研究者は新しいことを生み出すことを生業にしているが、画期的な業績を出すのはごく一部の人であり、普通の研究者でも発見を論文として発表するのは年に数回である。ただ、それ以外はつまらない日々なのかといえば、そんなことはない。昔の人はこんなことを考えていたのかという発見もあれば、現場に出て自分の仮説と全く違う要因を発見することもある。学生の成長を発見することもあれば、自分自身の至らなさを発見することもある。見えないことが見えるようになるという意味では、毎日が発見の連続なのである。

発見を楽しむ文化を醸成する
研究職というのは、今はやりの言葉でいうとイノベーションを常に求められる仕事である。イノベーションというと多様な人々が集まって今までにない画期的なアイデアを生み出すことを想像するが、その前に考えておくべき大事なことがあるように思う。
MIT(マサチューセッツ工科大学)には夕方から開く教員向けのバーがある。ここでは専門領域が違う研究者が集い、日々の気づきを報告し合って談笑する光景が繰り広げられている。ほとんどはたわいのない話だが、重要なのは内容よりも発見そのものを楽しんでいることである。
発見を楽しむ文化から、異質な気づきの交差と集積が生まれるのだろう。そのような「ため」がないままイノベーションを人為的に起こそうとしても長続きしない。
新しいことを生み出し続けている組織の空間にはそれぞれに独特の雰囲気がある。その雰囲気は、日々の発見を楽しむ営みの積み重ねから生まれているのだろう。

山内 祐平(東京大学 准教授・学習環境デザイン論)

PAGE TOP