2007.06.29

【受験生に薦める1冊】「メディア・ビオトープ」

水越伸,2005『メディア・ビオトープ』紀伊国屋書店

この本に初めて出会ったのは学部時代で,院試勉強の際にも何回も再読しました。
日本のメディアの「生態系」の問題点やそのあり方について,非常にわかりやすく説明してくれていると思います。

この本の大きな特徴は,メディア表現活動が継続的な活動として展開,発展し,人々に根付いていくための方法を,生き物の世界に向けた人間の働きかけ方の1つである「ビオトープ」に隠喩して表現していくところにあります。その際,難解な専門用語を使用せず,著者が描写したイラストを各所に埋め込むことで,そのイメージをかき立てながら説明していくことも本書の特徴だと思います。

前半では,「日本のメディアの生態系」の問題点として,強大な杉のようなマスメディアの人工林が立ち並び,地方紙やケーブルテレビなどといった小さなメディアが生息しにくくなっている点を挙げています。
そのような問題を打開しうるモデルとして取り上げられるのが「ビオトープ」です。小さく,身近な場所もまた重要な「生態系」の一部であることをそのままメディアに置き換え,個々の活動の重要性を示します。また,個々の「ビオトープ」は「点」としてその中での生態系を維持するだけではなく,互いにネットワークとしてつながった「面」として地球の表面を覆っていかなければいずれは廃れていくことに触れ,それをそのままメディアに当てはめて説明していきます。

後半からは,この「メディア・ビオトープ」を形作っていくための3つの営みとして,「メディア実践」「メディア・リテラシー」「メディア遊び」の3層構造について説明していきます。「メディア・ビオトープ」を支え,その中の"あな"や"すきま"に棲みついて活動いく中心的な人物を「球根」に例えるなど,最後まで一貫して生態系を比喩とした説明による展開は変わりません。

個人的には,「メディア・ビオトープ」がネットワークでつながっていく様子は,実践共同体のそれに似た側面があるのではないかと思います。読む人それぞれの持つ背景に近いところからメディア論を読み解いていけるのではないでしょうか。
[坂本篤郎]

2007.06.23

【受験生に薦める1冊】「社会を読みとく数理トレーニング」

松原望[著]2004『社会を読みとく数理トレーニング』東京大学出版会

人間社会のメカニズムは,なかなか複雑で一見してわかるものではありません.そして,社会にはその複雑さを読み解くための情報(思考材料)が氾濫しています.これらの思考材料を読み解くためには,統計的データの分析力や,確率などの計量的な思考方法が有益といえるでしょう.

本書は,計量的思考を習得し意思決定へと総合していく基礎力を養う事を目指した基礎演習の本です.
第1章から第3章は統計の見方と利用のしかた,第4章から第6章は意思決定と確率,第7章から第10章はゲーム理論入門,第11章から第12章は政策と決定のしくみ,第13章から第15章は計量社会科学研究にわかれています.(まえがきより)

研究を進めていく上では,計量的な思考というのはさけては通れないものです.本書は実例を用いて説明されており,数字上の計算例は出てきません.そういった意味で統計にふれたことのない方にも入門書としておすすめしたいと思います.

[寺脇由紀]

2007.06.14

【受験生に薦める1冊】「コミュナルなケータイ」

水越伸[編著]2007『コミュナルなケータイ』岩波書店

2004年にMELLプロジェクトの中ではじまったケータイ研究のプロジェクト、MoDeプロジェクト(Mobiling & Designing Project)の成果を、メンバーがまとめた本。「コミュナル」という聞き慣れない言葉は、「共有の・協働による」という意味です。

ケータイはパーソナルなコミュニケーションのメディアであるとされがちです。しかし、そのような極私圏とパブリックな公共圏との間に、市民が自律的に関われるコミュナルな空間(ビオトープ的な空間、という言い方もできるでしょうか)を生み出すことができるメディアとして、ケータイは多くの可能性を秘めています。この本では、ケータイをめぐる歴史社会的研究と批判的メディア実践(ワークショップ)のサイクルの中で行われてきたMoDeプロジェクトの研究の成果・記録を見ることができます。今年3月に出版されたばかりの、メディア論におけるケータイ研究のまさに最前線の本です。

第1章ではケータイをめぐる問題状況とMoDeプロジェクトの視座が示され、第2章ではケータイを異化するワークショップと歴史研究が並びます。続いて第3章、第4章では、今あるケータイを超え、それを編みかえていくさまざまな事例が報告されていきます。各章はどれも刺激的で遊び心にあふれており、全く退屈することがありません。

この本には、フィンランドと日本で行った「ケータイの風景を演じる」ワークショップ、ケータイ・カメラを使った子ども向けの「世にもまれな地図作り」ワークショップ、同じくカメラを使った壮大な連想ゲーム「ケータイ・カンブリアン」ワークショップなど、毎日アタリマエのように使っているケータイを異化し、超え、編みかえることを意図した数多くのワークショップの実践事例が報告されています。その意味で、この本はワークショップの本でもあると言えます。

批判的メディア実践とは何か、ワークショップとはどのようにデザインされるのか、理論と実践のバランスをどうとるかなど、学ぶことのできる点は多いと思います。BEATの「おやこdeサイエンス」や「なりきりEnglish」もケータイを用いたモバイルラーニングのプロジェクトですね。しかし、そもそもケータイとはいったい何なのか。それを鮮やかなやり方で問い直すメディア論的な視座は、教育工学を研究する上でも有用なものだと思います。

[平野智紀]

2007.06.08

【受験生に薦める1冊】「アフォーダンス - 新しい認知の理論」

ゲシュタルト心理学による"こころ"というデカルト以来のメカニズムへの反論からはじまる本書は,認知科学や生態心理学にあまり馴染みのない読者をも惹き付けるだけの魅力が詰まった1冊だと思います.難解な理論が,驚く程容易な文章(!)で流れるように説明される本書は,アフォーダンスを始めとした生態学的心理学のキーワードへの良い羅針盤となってくれるのではないでしょうか.

視覚とは網膜への画像の投影であるという古典的理論には,網膜という感覚器官への「点刺激」を「推論機構」によって処理する過程が必要であるという前提がありました.ここに現実の世界との不整合性を見抜いたギブソンは,視覚の理論を拡張していきます.点と線から面へと,面からレイアウト,動きへ,そして動きから包囲光へといたる理論拡張が,ひとつの流れとして描かれるさまは本書の醍醐味でもあります.この結果,ギブソンは視覚は網膜を必ずしも必要としないという,とてもラジカルな理論へとたどりつくのです.

情報は,光の中にある.それまでの情報処理モデルを前提とした(つまり頭の中に情報があるとした)知覚理論とは異なる,ひとを包囲する光の中にこそ情報があるという知覚理論,生態学的認識論の誕生でした.

そのような情報は,"動物との関係として定義される環境の性質"としてのアフォーダンスも提供します.難しく,誤解される傾向があるアフォーダンスも,本書の流れの中でとらえれば,環境が動物に提供する"価値"として,"動物にとっての環境の性質"として明瞭に浮かび上がってくるでしょう.

さらに,アフォーダンスを知覚するための身体を考えれば,それまでの身体の動きを細かく分割して制御しているという運動制御モデルは相容れないものであることが主張されます.そこでギブソンは,協応構造や視覚による運動制御,知覚と行為のカップリングとしての"共鳴・同調モデル"といった新しい理論を打ち立てていくのです.

著者であり,日本の生態学的心理学,アフォーダンスの第一人者でもある佐々木先生の筆による格好の入門書でもある本書は,しかしながら,
・知覚にとって"環境"がどのようなものであるのか
・知覚が獲得する"不変項"がどのようなものであるのか
・そして知覚のために身体はどのような"システム"であるのか
を深く考えさせ,同じく佐々木先生の著書である「アフォーダンスの構想」やギブソンによる「生態学的視覚論」といった,より高度な内容を知りたくさせる,そんな良書でもあると思います.

佐々木正人 (1994) 「アフォーダンス ー新しい認知の理論」岩波書店

2007.06.01

【受験生に薦める1冊】「基礎情報学」

『基礎情報学』 西垣 通 著 NTT出版 ,2004

この本は学環の先生である西垣教授が書いた本です。先生が行う学環の授業の中でも、この本は教科書として使われています。

本の内容をすぐに紹介してもいいのですが、最初に、西垣先生が授業中に話していたエピソードをひとつ紹介します。そのエピソードを要約すると以下のようになります。
-----
いままで「学際」と名のつく様々なイベントにでた。そこには、文系理系問わずに様々な人が集まっていた。しかし、それらはお祭りとして集まっているだけで、まったく話が噛み合ない。そこで私は、共通の土台となる情報学の基礎。すなわち「基礎情報学」というものを作ろうと考えたのである。
-----
元々の話から多少私の解釈が入っているかもしれません。

ただ、この話は授業の最初の方にしたのですが、いまでも頭の中に残っている言葉です。

この本の内容をシンプルにいえば、「情報」という様々な分野で語られた概念を、生命情報,社会情報,機械情報に分類し、情報の意味、伝播ということについて論じていくものです。様々な概念が出てきますが、あれだけ複雑な概念をすっきり語る事ができるのは、西垣先生ならではと思います。

「学環」という組織は、まさに「学際的」であり「情報」を取り扱った組織です。受験にあたって、学環に所属する先生の著書を読むのはひとつの方法ですが、それだけではなく、学環での生活を豊かにする意味でも読んでおきたい一冊だと思います。

[舘野泰一]

PAGE TOP