2007.07.09

【エッセイ】 人をうならせる研究計画書

仕事柄、多くの研究計画書を読む機会があります。
人生をかけているもの、お金を取りにいくもの、目的はさまざまですが、人をうならせるような研究計画書と出会うことはなかなかありません。事情や思いはわかるのですが、そこから先が問題なのです。

研究計画書は一種の企画書ですので、「おもしろい!」と思わせることと、「できるかも.」と納得させるというふたつの条件を満たす必要があります。

「おもしろい!」と思わせる研究計画書

・先行研究が丁寧にレビューしてあること
・先行研究の問題点を端的に指摘できていること
・問題を解決するための「新しい」アイデアが述べられていること
・「新しい」アイデアに応用可能性や広がりがあること

「できるかも.」と納得させる研究計画書

・研究の方法が詳しく書かれていること
・スケジュールがきちんと立てられていること
・予算の範囲内でできる計画になっていること
・申請者の能力でできる計画になっていること

こうやって並べてみると当たり前のことばかりのようですが、全部そろっている計画書はなかなかないのです。
一番多い失敗例が、「思いつき型」です。「新しい」と主張しているアイデアがすでに実現されていたり、インパクトに欠けているという場合です。「ちょっとこんなこと考えてみました」という感じで、研究計画書が薄っぺらに見えます。
次に多いのが、「誇大妄想型」です。研究の課題が大きすぎ、一生かかってもできないだろうという設定をしているので、実現可能性がありません。(例:教育システムを根本的に変えるなど)この場合、できたらすごいことはわかりますが、できると思えないので評価が低くなります。

この二つは対照的な例に見えますが、「先行研究のレビューが足りない」という点は共通しています。地道に先行研究をレビューして、それを乗り越えようとすれば、思いつきではない重みがでますし、研究の課題も分節化できるはずです。

[山内 祐平]


PAGE TOP