BLOG

2016.06.23

「Research Theme (2016)」 Specificity in Ambiguity

Theme: Meso-level Support for ICT for Education (ITC4Ed) in Rural Sout...

続きを読む...

2016.06.13

【今年度の研究計画】「学び方」のモデル形成のための支援

みなさま、初めまして。修士1年の根本紘志(ねもとひろし)と申します。 元々法学部で政治学を勉強していたのですが、大学院より専攻をガラッと変え...

続きを読む...

2016.06.09

【今年度の研究計画】外国語学習の継続を支援する研究

みなさま、はじめまして。 修士課程1年生の林怡廷(リン イティーン)と申します。よろしくお願いいたします。 一見、名前が読みにくいと思うかも...

続きを読む...

NEWS

2016.05.12

【お知らせ】文人コース入試説明会

6月5日(日)に大学院学際情報学府の入試説明会が開催されますが、この日の午前中に、山内研究室が所属する文人コースの入試説明会も開催されること...

続きを読む...

2016.04.19

【お知らせ】大学院入試説明会

山内研究室が所属する大学院学際情報学府の入試説明会が6月5日に開催されます。
受験をお考えの方は、ぜひご参加ください。

続きを読む...

2016.03.08

【お知らせ】アクティブラーニングのデザイン

3月1日に東京大学のアクティブラーニングの試みをまとめた「アクティブラーニングのデザイン」が東京大学出版会から発売になりました。山内は第1章...

続きを読む...

ABOUT

研究の概要

現在、様々な教育現場で情報通信技術の普及が急速に進んでいます。
学習は支援者やともに学ぶ学習者・メディアなどの人工物の微妙なバランスの中で発生する複雑な事象です。情報通信技術を学びの場に導入する際に、学びを支える環境(空間・活動・共同体・人工物)をどうデザインすれば学習を有効に支援できるのかを、実践的研究の中で明らかにしていきます。

教育の概要

研究室の大学院生は幼児から社会人まで幅広い対象の学習環境に関する研究を展開しています。また、大学院入学までの経歴も様々で、心理学・教育学・情報工学など幅広い分野から人材が集まっています。
多様な背景を持った学生を支援するため、研究ファシリテータによる学習のサポートや、春合宿・夏合宿を中心とした補完カリキュラムを導入し、毎週のゼミを中心とした教育の仕組みを構築しています。

修了生の進路

大学教員:東京大学、鶴見大学、立命館大学、産業能率大学、徳島文理大学、
愛知淑徳大学、帝京大学、京都造形芸術大学、首都大学東京など
大学職員:東京大学
民間企業:ボストンコンサルティング、ベネッセコーポレーション、博報堂、内田洋行、Google、Oracleなど
独立起業:東京視点、NPO法人Collable

PROFILE

山内祐平

東京大学大学院
情報学環 学際情報学府・教授

山内祐平 東京大学大学院 情報学環 学際情報学府 教授

略歴

1967年 愛媛県生まれ
大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程中退
2000年 大阪大学助手、茨城大学講師、助教授を経て東京大学大学院情報学環准教授
2014年 教授

研究テーマ

「学習環境のイノベーション」

知が日常的に再編成される情報化社会において、人間が自ら変化し続けるための営みとして「学習」の意義はますます重要になっています。教えられるのを待つのではなく、積極的に自らの学びをデザインする存在として学習者をとらえ、そのプロセスを支援するための今までにない新しい仕組みについて、教育学・デザイン論・教育工学・認知科学などの知見を元に研究していきます。

主要著書

『反転授業』

『反転授業』

反転授業のルーツとなる実践を行ったバーグマンとサムズの著書。山内・大浦が翻訳を監修しています。反転授業が生まれた経緯と実践のポイントがまとまっています。

(オデッセイコミュニケーションズ 2014年)

『ワークショップデザイン論 ―創ることで学ぶ』

『ワークショップデザイン論 ―創ることで学ぶ』

山内・森・安斎共著によるワークショップデザインに関する体系的な概説書。研究室で行われてきた実証研究を基盤に、学習活動としてのワークショップの本質に迫る一冊です。

(慶応大学出版会 2013年)

『デジタル教材の教育学』

『デジタル教材の教育学』

山内が編者としてデジタル教材の展開についてまとめた書籍。歴史・理論・開発・評価まで学習環境における人工物としての教材を網羅的に理解できます。

(東京大学出版会 2010年)

『学びの空間が大学を変える』

『学びの空間が大学を変える』

山内が編者として大学の学習空間の変革に関する理論と実例をまとめた書籍。ラーニングコモンズやアクティブラーニングスタジオなど、学習環境としての空間を考える際に参考になる一冊です。

(ボイックス出版 2010年)

『「未来の学び」をデザインする』

『「未来の学び」をデザインする』

美馬・山内共著による学習環境デザインに関する入門書。空間・活動・共同体の観点から今後の学習環境デザインのポイントについて考察しています。

(東京大学出版会 2005年)

『デジタル社会のリテラシー』

『デジタル社会のリテラシー』

情報リテラシー・メディアリテラシー・技術リテラシーなど、情報化社会を生き抜くための新しい能力概念に関連して、発展の歴史とワークショップなど教育プログラムへの展開事例を紹介しています。

(岩波書店 2003年)

MEMBERS

博士課程

佐藤朝美(博士課程3年)

三項関係に着目した幼児の物語行為を支援する学習環境デザインに関する研究

池田めぐみ(博士課程1年)

大学での正課外活動におけるキャリアレジリエンスの獲得に関する調査

修士課程

青木翔子(修士課程2年)

学校外のテクノロジークラブにおけるエスノグラフィー

杉山昂平(修士課程2年)

アマチュア・オーケストラ団員たちの興味の深まり――余暇における追求と学習環境

長野香織(修士課程2年)

不登校の児童生徒の学習環境に関する探索的研究

原田悠我(修士課程2年)

プログラミングにおける概念の理解を促すTinkeringを支援するシステムの開発

吉川久美子(修士課程2年)

表現テーマの探索を促す中学生向け造形ワークショップの実践と評価

江﨑文武(修士課程1年)

幼児向け教育・知育アプリケーションのデザインに関する研究

根本紘志(修士課程1年)

「学び方」のモデル形成と「問い」を用いた支援

花嶋陽(修士課程1年)

数学苦手者のための学習支援システムの開発

林怡廷(修士課程1年)

外国語学習の継続を支援する研究

Lian Castillo (修士課程1年)

ICT for Education(ICT4Ed) in formal education at rural Philippines

アシスタント

佐藤早苗

PROJECTS

Coursera

東京大学は2013年度からCoursera社のプラットフォームを利用した大規模公開オンライン講座の実証実験を行っており、多様な国籍の大量の学習者の学習を成立させる仕組みについて研究を進めています。

edX

MOOC提供の取り組みをさらに発展させるために、2014年度からハーバード大学とMITが主導するedXプラットフォームにも講座を展開し、学内の教育利用などの研究開発を行っています。

FLIT(反転学習社会連携講座)

対面授業とオンラインの動画授業を組み合わせ、授業と自宅学習の連続化による学習時間の確保と学習目標に合わせた時間の再配置を可能にする、反転学習などブレンド型学習環境に関する研究を行っています。

福武ホールアフィリエイトプログラム

福武ホールアフィリエイトプログラムは、「学びと創造の交差路」のコンセプトにもとづき、情報学環・福武ホールが、企業やNPO法人と共に、研究開発や社会貢献活動を持続的に展開するプログラムです。

UTalk

UTalkは、情報学環・福武ホール主催のカフェイベントです。様々な領域で活躍している東京大学の研究者をゲストとして招き、毎月開催しています。

Educe Technologies

Educe Technologiesは、情報技術を用いた学習環境デザインについて研究開発・普及啓発を行うために設立されたNPO(特定非営利活動法人)です。大学・企業・教育現場をつないだ実践的研究プロジェクトを展開しています。

CONTACT

〒113-0033
東京都文京区本郷7-3-1
東京大学大学院情報学環
情報学環・福武ホール

PAGE TOP